体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外移住【10】在住者が語る、ソロモン諸島に住んで良かった点、悪かった点

ソロモン諸島在住、TABIZINEライターの玉川ときです。海外移住に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。しかし、旅行で行くのと、実際に住むのとでは、その国に対する印象がだいぶ変わります。

そこで今回は、ソロモン諸島在住の筆者が、個性豊かすぎるソロモン諸島の良いところ、悪いところについて語ります。「やっぱヨーロッパって素敵だよね! う~ん、東南アジアも捨てがたいかな!」。そんな、南太平洋はノーマークの皆様もお付き合いいただければ幸いです。リレー形式で、さまざまな国を巡っていきます!

■あわせて読みたい
海外移住【1】在住者が語る、イギリスに住んで良かった点、悪かった点
海外移住【2】在住者が語る、スペインに住んで良かった点、悪かった点
海外移住【3】在住者が語る、フランスに住んで良かった点、悪かった点
海外移住【4】在住者が語る、オランダに住んで良かった点、悪かった点

コミュニティ意識

海外移住【n】在住者が語る、ソロモン諸島に住んで良かった点、悪かった点

ソロモン人はコミュニティへの帰属意識が強く、物理的にも精神的にも完全な集団生活を営んでいます。
コミュニティの単位は、もちろん家族があり、親戚があり、そして同郷か、更に同言語を話すか、などがあります。(ソロモン諸島には少数言語が100以上あると言われています!)
このような国では、外国人は完全に「余所者」。いくらこちらが現地人と同じ食事をしても、現地人のようにサンダルとヨレヨレのTシャツを着て出歩いても、部外者として扱われるよりほかはないのです。
これは良いことでもあり悪いことでもあります。

良いことは「おもてなし」を受けられること。
ホテルのプールを、宿泊客でもないのに使わせてもらえたり、こちらが周りに恐縮してしまうくらい思い切り順番を飛ばさせてくれたり、店員さんの愛想が急に良くなったりします。

日本へ観光に行った外国人がよく「自分を王様のように扱ってくれる」と感想を述べますが、ソロモン諸島でも同じような現象が起きるのは、「内」と「外」の線引きの仕方が日本のそれと似ているからかもしれません。

そして悪いことは「冷やかし」も受けること。例えばこちらが歩いていると、車の中から「ハローベイビー!」などと青年が叫ぶだけ叫んで走り去ります。どうしろと(笑)。
たまにその声の主がどこにいるのかすぐには分からない時もあり、周りを注意深く見回してみたら、道路反対側の工事現場の、2階の足場にいる人だったということもありました(「ベイビー」と呼ばれそれを自分だと思って見回すくせがついた自分自身にも強烈な違和感です)。
外国人に興味津々、だけど不器用なのでとりあえず何か叫んで反応を見てみる。動物園のパンダ展示場のガラスを叩く子供のようで、これにはとにかく辟易するのです。

自然

ソロモン諸島には手付かずの自然が沢山残っています。特に首都ホニアラから飛行機で1時間で行ける「ギゾ島」は、埠頭から下を見ると熱帯魚が泳いでいるのがはっきりと見えるほどに海が綺麗(ホニアラも、車で20分も走ればカクレクマノミに会えるほど綺麗ですよ)。

そして農作物は地産地消。先進国では自然志向のライフスタイルが「オーガニック」や「マクロビ」、「ファーマーズマーケット」などという言葉でオシャレに再定義されていますが、ソロモン諸島では今も昔もずっと自然志向一択。近隣で採れた旬のものを食べるのが当たり前のことなのです。
新鮮なココナッツウォーターは、工場でパックされたものとは比較にならないほどナチュラルで美味しいですよ!!

マーケットで買ったココナッツウォーター
海外移住【n】在住者が語る、ソロモン諸島に住んで良かった点、悪かった点
(C)Toki Tamagawa

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。