体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都心部で増えている? 「一棟丸ごとリノベマンション」とは

都心部で増えている? 「一棟丸ごとリノベマンション」とは

都心部の人気のあるエリアの新築マンションは用地取得の難しさもあって、今後、供給戸数は減っていきそうだ。分譲されることがあっても価格は高止まりの様相を見せている。そんななか、賃貸マンションや社宅だった物件を企業がまるごと購入してリノベーション、共用部を含めて設備もデザインもクラスアップさせて販売するマンションが誕生してきている。

専有部だけではなく共用部も機能・デザインともにランクアップ

「一棟リノベーションマンション」とは、デベロッパーなどの不動産業者が、既存の賃貸マンションや社宅などを購入し、それをリノベーションして販売するシステムだ。不動産業者が一棟まるごと購入すると、「所有権」はいったんその不動産業者だけのものになり、専有部のみならず共用部の設備や機能の充実、さらにデザインのバリューアップが容易になる。

通常、中古マンションを購入した場合、専有部の設備やデザインは変えられるが、共用部に関しては他の所有権者全体との話し合いが必要になり、自分の自由にはできない。例えば自分の専有部の配管は変えられても、その先の共用部の配管に問題が起きれば、管理組合を通した話し合いで、共用部の保全管理をする必要があり、自由に改良することができない。そこが中古マンションを買うときのネックになっている場合がある。

そんな不安を解消しつつ、新築並みの機能や設備が加えられ、デザイン面でもプラスアルファの魅力が加えられた「一棟リノベーションマンション」の例として、二つの物件を紹介しよう。

都心のマンションでは珍しい、約160m2~という広さが得られる

株式会社リビタが提供する「ルクラス目白御留山」は、学習院大学や日本女子大学が最寄りとする目白駅から歩いて9分。江戸時代には、徳川家の狩猟地で一般人の立ち入りを禁止していたため「御留山(おとめやま)」と呼ばれていたエリア。今も緑が多く、第一種低層住居専用地域の閑静な住宅地だ。

低層全5邸、全方位からの採光、ゆったりとした専有面積約168m2~240m2と、都心のマンションでは珍しい広さとゆとりをもつマンションだ。「緑の多い街の景観を守るために、ファサードや植栽をクラスアップさせました。重厚なエントランスゲートや1階の住戸に付随した外の庭を囲む植栽など、オープンでいながらプライバシーも守る設えで、周辺の環境に溶け込みつつ存在感のあるものになったと思っています」とプロジェクト担当の西川賀子さん。【画像1】外観のBefore(左)、After(右)。かなりスタイリッシュな印象になった(画像提供/リビタ)

【画像1】外観のBefore(左)、After(右)。かなりスタイリッシュな印象になった(画像提供/リビタ)

また以前はなかったエレベーターも敷設した。「もともと3階建ての低層マンションだったので、エレベーターの必要性はなかったようですが、新しく生まれ変わるマンションのグレードを考えると必須だと考えました。建物全体の配置や各々の住戸の間取りを調整しながら、適切な場所に用意しました」と話してくれたのは建築担当の田村有理江さん。

また専有部の仕様も選べる内装パッケージである「ライフスタイルパッケージ」を用意。コンセプトルームの一室は、休日の穏やかな日だまりをイメージした「HOLIDAY」タイプだ。その特徴は、全体の印象を左右する床のフローリングはオーク系の材料に少し白色の塗装を加え、明るさややわらかさを演出。その床に合わせて、建具やキッチンも自然の風合いを楽しむことができる素材を選定。家族で過ごすくつろぎの時間を想定している。【画像2】少し白を加えたオークの床材で明るい印象の「HOLIDAY」タイプの室内(画像提供/リビタ)

【画像2】少し白を加えたオークの床材で明るい印象の「HOLIDAY」タイプの室内(画像提供/リビタ)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。