体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティストとともに盛り上がりを見せた90年代のシルクスクリーンのロックポスターが集結

90′S SILK SCREEN ROCK POSTER EXHIBITION WITH ZIGAME ARTが1月14日(土)~1月22日(日)まで開催。
60年代、サンフランシスコのフィルモア周辺のライブハウスで、ライブの告知やレコードアルバムのジャケットなどを手掛けるアーティストが生まれてきた。グレイトフルデッド、ジミーヘンドリックスなどのポスター、レコジャケで有名なリックグリフィンなどだ。その後また80年代後半からアメリカ西海岸でシルクスクリーンの技法でのポスターが製作されるようになり、製作枚数の半分をミュージシャンが告知に使用し、残りの半数をポスターアーティストが販売し、ポスター製作のギャラとする相互的な方法でインディーズやメジャーなど様々なバンドのポスターが製作された。それらの中でも一番盛り上がっていた90年代のシルクスクリーンのロックポスターを展示、一部販売。また、現在日本で東京都町田市を拠点に活動するシルクスクリーンとジクレーの印刷工房、Zigame(ジカメアート)も参加。イベント期間中シルクスクリーンのプリント体験ワークショップも行われる。

 

■期間
1月14日(土)- 1月22日(日)
会期中無休・入場無料

■開催時間
12:00 – 19:00

■会場
AL1F Main Space
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17  ℡03-572-9799
www.al-tokyo.jp/ (地図はこちらよりご確認ください)
※東急東横線 代官山駅より徒歩5分、JR・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩8分
※カード使用不可

 

【90’S SILKSCREEN ROCK POSTER アーティスト紹介】
Frank kozik フランク コジック
1980年代から数々のバント、ミュージシャンのライブやイベントのポスターをデザイン。
90年代にはシルクスクリーンを使ったポスターの製作を始め数百種類のポスターを手がけ同世代のロックアートに影響をあたえる。
今回は中でも一番KOZIKらしい90年代のシルクスクリーンを展示します

 

COOP クープ
彼の作品は1950年代のベティペイジスタイルや、B級映画のモンスターなどで構成された物に人気があります。
ホットロッドアーティストでもありバンドやアーティストのポスターも数多く手掛けています。

Emek エメック
サイケデリックな1960年代のイメージと1990年代のポストインダストリアルの象徴が混じり合った幻想的な作品です。
また、ポスターの他にもニールヤングやパールジャムなど様々なパンク、オルタナティブバンドのアルバムカバーを手掛けています。

 

その他アーティスト
Mark Arminski
TAZ
Alan Forbes
Derek Hess
etc

主催:ニューテリトリー #ひまつぶし

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。