体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

娘との初対面、そして初抱っこ。感動…と思いきや、数秒で「返す」!? by 丸本チンタ

娘との初対面、そして初抱っこ。感動…と思いきや、数秒で「返す」!? by 丸本チンタ f:id:akasuguedi:20170112070628j:plain f:id:akasuguedi:20170112070736j:plainf:id:akasuguedi:20170112070748j:plainf:id:akasuguedi:20170112070816j:plain

大阪から朝一の電車で富山の病院まで来た夫。 前回のエピソード:私の赤ちゃんなんだ・・・。無事に生まれてきてくれた奇跡を実感した日

娘との感動の対面と思いきや、抱いて数秒で娘を私に返すという戸惑いっぷり!

後で聞くと、「小さくて今にも壊れそう」「力を合わせて立派に育てなければ」など、いろいろと胸に込み上げるものはあったみたいですが、このときの私から見た感じで言うと、夫はぱっと来てぱっと大阪に帰った印象です。

このあとしばらくパパと娘は離れ離れの生活となります。

f:id:akasuguedi:20170112070947j:plain

そして予定していた2ヶ月半が過ぎ、いよいよ大阪へ戻る日が来ました。

これからは私と夫、そして娘の3人での新しい生活がスタートします。

つづく 関連記事:だって血が怖いから…!立ち会い出産しない宣言の夫と、里帰り問題

f:id:akasuguedi:20160407223917j:plain著者:丸本チンタ

年齢:40歳

子どもの年齢:6歳

育児漫画から成人漫画までこなす、さすらいの漫画描き。愛娘もっちゃんの育児を中心に綴る4コマ漫画ブログ「おひさま もっちゃん!」が人気を集める。著書に『親バカと言われますが、自覚はありません。』(KADOKAWA)がある。

ブログ:「ちんたいむ」

新刊:おひさま もっちゃん! 漫画家パパの育児日記(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

30年前と同じ…母が出産した病院で、今度は私の番。母子3代で乗り越えたお産
里帰り出産のデメリット
産後の上の子の預け先が見つからない…!? 二人目里帰り出産の落とし穴 by ゆむい

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。