体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

受験当日にインフルエンザは避けたい!今からでも間に合う8つの感染予防対策

受験当日にインフルエンザは避けたい!今からでも間に合う8つの感染予防対策
いよいよ受験シーズンになってきて、全国の学生のみなさんは最後の追い込みをかけていらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、この大事な時期や試験当日にインフルエンザにかかってしまった…なんてことは避けたいですよね。

そこで今回は受験生に向けたインフルエンザの予防接種を受ける時期、予防対策、感染を招くNG行動を医師の松本先生に解説していただきました。

受験生がインフルエンザ予防接種を受ける理想的な時期

受験当日にインフルエンザは避けたい!今からでも間に合う8つの感染予防対策
まず、大前提としてインフルエンザの予防接種には感染を防ぐ効果はありません。予防接種で出来るのは発症の予防(症状が出ること)と発症したときの重症化の予防(症状が軽くなる)です。

また、予防接種の型と流行する型が一致していなければ発症、重症時の予防効果はありませんので、それを踏まえた上での話とお考えください。

毎年、12月終わり頃~3月頃までがインフルエンザの流行のピークであり、予防接種の効果は接種してから2週間~5カ月とされています。

13歳未満

4週間隔位で2回接種が標準的な接種方法です。1回目の接種時に12歳だった場合は、2回行うのが普通です。

13歳以上

1回接種が原則ですが、何らかの病気があり免疫が低下している場合など、希望があれば医師の判断で2回接種することもあります。

接種時期は11月と12月に1回ずつが理想

受験当日にインフルエンザは避けたい!今からでも間に合う8つの感染予防対策
受験期にもっとも強い免疫効果を期待するなら、年内に2回とも接種しておいても良いと考えられます。ワクチンを2回接種の方が予防接種の型が正しければ、発症予防効果が強くなるという研究はあります。

11月までに1回目、12月中に2回目を終了しておくとよいですが、1回接種の場合は11月終わり~12月初め頃でもよいでしょう。

試験が推薦入試などで1月にあるのか、それとも3月頃にあるのかで多少前後させるのも手です。

インフルエンザに感染してから登校出来るまで

受験当日にインフルエンザは避けたい!今からでも間に合う8つの感染予防対策
学校保健安全法により発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまでが出席停止期間です。

発症した日から数えると6日間は出席停止期間で、その後は解熱した日によって変わってきます。

受験当日にインフルエンザを疑うべき症状

インフルエンザA型

受験当日にインフルエンザは避けたい!今からでも間に合う8つの感染予防対策
■ 急に38~40℃くらいの熱が出る

だるいな、と思ったらすでに高熱が出ている場合もあります。

■ 発熱後の呼吸器症状

一般の風邪はくしゃみや鼻水などが先に出て、その後微熱が出ることが多いですが、インフルエンザでは先に筋肉痛や熱が出ることがしばしばあります。

熱が治まって、あるいは熱が出だした後に強い咳、喉の痛み、鼻水くしゃみなどが出てくることが多いです。

■ 強い頭痛、関節痛、筋肉痛

発熱と共に、足が痛くなったり、節々が痛くなったり、頭痛がよく起こります。

■ 強い寒気や悪寒

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。