体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

色が変われば値段も変わる!? 人気色を外せば数十万円お得な買い物ができるかも!

▲2016年10月にデビューした2代目スバル インプレッサG4。イメージカラーは赤ですが、赤の販売比率は第6位。中古車でも赤などの明るい色より黒やパールホワイトに人気が集中します

▲2016年10月にデビューした2代目スバル インプレッサG4。イメージカラーは赤ですが、赤の販売比率は第6位。中古車でも赤などの明るい色より黒やパールホワイトに人気が集中します

イメージカラーが人気になるとは限らない!

車は移動の道具であると同時に、自己主張に欠かせないアイテム。だからこそ多くの人がデザインや性能にこだわり、カーセンサーnetでいろいろな中古車を見ながら「どれを選ぼう」と悩んでいます。

気に入った車を探すうえで外すことのできない要素には、ボディタイプやデザインの他、ボディカラーもあります。「黒い車しか興味がない」「今の車の色はブルーだから、次は温かみのあるものにしよう」と考える時間は楽しいですよね。

車種により異なりますが、一般的に一つの車には5~10数種類のボディカラーが設定されています。高級車だとシックで上品な色が中心になり、ハッチバックや軽自動車だとカラフルな色も増えてきます。最近は2トーンカラーが人気になっており、設定されるボディカラーのバリエーションが豊富な車も少なくありません。

ところが、街を走る車を見てこのように思ったことはありませんか?

「黒や白の車が多いなあ」

そう。車のボディカラーは黒系とパールホワイト系、無難なシルバー系の人気が圧倒的に高くなります。最近発売されたモデルを見てみると、2代目スバル インプレッサG4は、クリスタルホワイト・パールとアイスシルバー・メタリックが26%、クリスタルブラック・シリカが15%と、新車販売台数全体の中でかなり高い比率になっています。一方で、イメージカラーのピュアレッド(8%)やクォーツブルー・パール(6%)などの明るい色は比率が少ないのがわかります。

▲インプレッサG4のボディカラー一番人気はパールホワイト。写真の黒はパールホワイトよりも新車の販売台数が少ないが一般的には人気の高い黒のため、中古車になると人気が高まり相場が上昇する可能性があります

▲インプレッサG4のボディカラー一番人気はパールホワイト。写真の黒はパールホワイトよりも新車の販売台数が少ないが一般的には人気の高い黒のため、中古車になると人気が高まり相場が上昇する可能性があります

色が違うだけで20万円以上の価格差に!?

新車は注文時に好きな色を選べ、しかも一部のオプションカラーを除きどれも同じ値段で買うことができます。しかし中古車は基本的に新車で販売されたものから選ばなくてはなりません。黒やパールホワイトなどの人気色は数に限りがあるため、中古車相場が高くなる傾向にあります。とくに黒は新車販売台数がパールホワイトより少ない車種が多いため、中古車相場の上昇はより顕著に。反対に黒やパールホワイト以外の色--赤やブルーなどのイロモノは探している人が少ないため、早く売りたいお店は黒やパールホワイトより価格を下げて店頭に並べるケースが多くなります。

ためしにカーセンサーnetで年式や走行距離などの条件がほぼ同じものを見比べてみましょう。2代目トヨタ アルファードの240S(2012年式、走行距離4万km台)だと黒は車両本体価格約280万~300万円のものが多いのに対し、紫色の車両本体価格は約260万円に。初代マツダ CX-5の2.2XD Lパッケージ4WD(2012年式、走行距離5万km台)はパールホワイトの車両本体価格が約240万~250万円なのに対し、青は車両本体価格約220万円で販売されていました。

▲SUVはボディが大きく見えるパールホワイトの人気が高くなります。青の相場は安め。ただ最近のマツダ車は赤の人気が高くなっています
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。