体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』クラウドファンディング支援を受け4月に公開決定

オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』クラウドファンディング支援を受け4月に公開決定

 1995年に解散した伝説のバンド・THE BLUE HEARTSの結成30周年を記念して、6人の監督たちが思い入れのあるTHE BLUE HEARTSの楽曲を自由な解釈で映像化したオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』。2017年4月8日より、新宿バルト9などの映画館で公開されることが決定した。

 本作は、THE BLUE HEARTSの名曲6曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」を、日本を代表する人気クリエイター飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、李相日がオリジナルな解釈で監督。6つのストーリーから構成されており、尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司をはじめ、東京03の角田晃広、高橋メアリージュン、要潤、山本舞香、新井浩文、水原希子、小池栄子、三浦貴大など豪華キャストが名を連ねているが、完成を目前にして、各作品をとりまとめていた製作幹事会社が立ち行かなくなり、劇場公開が出来ない状況に。そのためクラウドファンディングが行われていたが、想定以上の支援を受けてこのたび公開されることとなった。

 なお、クラウドファンディングは2月15日まで続行。支援者には6つそれぞれの作品のエンドロールへの名前クレジットや先行試写会への招待など、さまざまな特典が用意されている。

◎映画『ブルーハーツが聴こえる』クラウドファンディング
2016年12月7日(水)~ 2017年2月15日(水)
詳細:http://bit.ly/2hdakWx

◎映画『ブルーハーツが聴こえる』各作品
『ハンマー(48億のブルース)』
出演:尾野真千子、角田晃広、萩原みのり、伊藤沙莉、吉沢悠、余貴美子
監督:飯塚健
(C)TOTSU
『人にやさしく』
出演:市原隼人、高橋メアリージュン、浅利陽介、瀧内公美、加藤雅也、西村雅彦
監督:下山天
(C)Solid Feature
『ラブレター』
出演:斎藤工、要潤、山本舞香
監督:井口昇
(C)DAIZ
『少年の詩』
出演:優香、内川蓮生、新井浩文
監督:清水崇
(C)SHAIKER
『ジョウネツノバラ』
出演:永瀬正敏、水原希子、藤崎ゆう
監督:工藤伸一
(C)BBmedia
『1001のバイオリン』
出演:豊川悦司、小池栄子、三浦貴大、石井杏奈、荒木飛羽
監督:季相日
(C)geek sight

関連記事リンク(外部サイト)

THE BLUE HEARTS楽曲使用の未公開映画『ブルーハーツが聴こえる』劇場上映へ向けたクラウドファンディング開始
チバユウスケ(The Birthday)×甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)のロックンロール談義が遂に実現!
ザ・クロマニヨンズ【ガンボ インフェルノ】ライブDVD発売決定 特製リストバンド&缶バッジ付きの豪華限定盤も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。