体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

様々なアーティストに楽曲提供しているエド・シーラン、自分でキープしたかった曲とは……?

様々なアーティストに楽曲提供しているエド・シーラン、自分でキープしたかった曲とは……?

 エド・シーランは、ソングライターとして自身の楽曲を書くだけでなく、ジャスティン・ビーバーやワン・ダイレクションなど、他のアーティストにも多数ヒット・ソングを提供している。

 そんな彼が“自分でレコーディングすればよかった”と思った曲はあるのだろうか?現地時間2017年1月12日にニューヨークのラジオ番組で質問されたシーランは、「トリー・ケリーのアルバム(『アンブレイカブル・スマイル』)に収録されている“I Was Made For Loving You”」と答えた。

 「トリーと一緒にあの曲を書いてた時、“出来上がった曲は必ず君のアルバムに提供するから心配しないで”って話してたんだけど、半分くらい出来た段階で、“あー、これ自分でキープしたいな~”って思ったのを覚えてる。すごく美しい曲で、出来上がりも最高だった。あれはとっておきたかったな」と彼は明かした。

 本人は少々残念だったのかもしれないが、結果として彼は「I Was Made For Loving You」にゲスト・ボーカルとしても参加している。そして自分にはまだこれから長いキャリアがあると言い、「またあんな曲がかけるといいなと思ってる」と話した。

 シーランは、多数の未発表曲が手元にあるらしいので、これからもたくさん世に出ることになるのかもしれない。「最終的に“ソング・ジェイル(歌監獄)”と呼んでる場所に行き着く曲が結構あるんだ。だからもし誰かがどれかを使いたいと言ってきたらいつでも……。自分のアルバムに収録する曲は分かっているから、収録されない曲は誰でも自由に持って行ってくれて構わないよ」と彼は話した。

◎「I Was Made For Loving You ft. Ed Sheeran」音源
https://youtu.be/dFD02LYcw4k

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン『+』『×』に続くニューアルバム『÷』3月全世界同時リリース
エド・シーランが“Carpool Karaoke”出演へ、過激なヒップホップを選曲するかも!?
エド・シーラン、J・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」は自身の新作のために書いた曲だったと明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。