体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出発前に知っておきたい!デュッセルドルフの天気とおすすめ観光地

Photo credit: シュミノ ハバ「ドイツデュッセルドルフ クリスマスマーケット Vol.2」

こんにちは。Compathy MagazineライターのKoheiです。
デュッセルドルフは国際商業都市でありファッション、芸術、ビール、サッカーなど多くの顔を持つ街です。日本からの直行便も就航しており、日本の企業や現地法人なども多く、それに伴い日本人も多く住んでおり、日本との結びつきが強く「ドイツの中の日本」とも呼ばれています。
ライン川に沿った街であり、その周辺には城や教会など歴史的な建物や、それとは対照的なモダンな建築物も多く、訪れるべき場所も沢山あります!
今回はデュッセルドルフでの滞在を快適に過ごすための、前もって知っておきたい現地の天気の特徴や、それに相応しい服装。また、見逃せないデュッセルドルフの観光スポットについてご紹介していきます。

ドイツのデュッセルドルフとは?基本情報と年間天気の概要

Photo credit:pixabay

デュッセルドルフは、ドイツ北西部のノルトライン=ヴェストファーレン州の州都であり、ライン・ルール大都市圏地域の中心であるルール工業地帯のすぐ南西部に位置するライン川沿いのドイツでも有数の商業都市となっています。
デュッセルドルフの気候は、その緯度が北海道より北で樺太中央部とほぼ同じくらいに位置している関係上、夏は最高でも25度を超えず湿気が無く過ごしやすいですが、冬は長く寒さも厳しいです。一年を通して四季がハッキリしているのも特徴です。
日本の企業や、現地法人、関連の工場などが多く、その関係で日本人が多く住んでおり、ヨーロッパでも最大級の日本人街があります。
この街は歴史が古いこともあって、街中には由緒ある城や教会など古い建物が多いのですが、その一方、モダンな建築物も多く見かけられ、クラシックとモダンがうまく調和した街の景観を作り上げています。
 
■ドイツのおすすめの観光スポットについて
「世界遺産や古城を満喫!ドイツのおすすめ観光スポット20選」

 

今日・明日の天気は?デュッセルドルフの最新天気予報・気温・降水確率(10日間)

雪

今日

01/13

50%

High 4°
/
Low 1°

雪

明日

01/14

70%

High 4°
/
Low -2°

雪

日曜

01/15

50%

High 4°
/
Low -2°

晴
1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。