体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SMAP解散騒動で見えてくるのはキムタクの「夫」としての姿?

SMAP解散騒動で見えてくるのはキムタクの「夫」としての姿?

 昨年、芸能界を大きく騒がせた話題のひとつが、SMAPの解散。SMAPは2016年12月を以て解散することが決定したときは、芸能界に衝撃が走りました。

 この騒動に関してはさまざまな憶測が飛び交い、報道もあらゆる方向からなされました。木村1人が事務所に義理立てした一方で、メンバー4人が”造反”したと見る報道があったり、それとは逆に4人を擁護、木村を”裏切者”とする声が飛んだり。さらには木村が残留を決めた背景には妻・工藤静香の提言があった、という報道もなされました。そしてこの騒動を「夫婦」から読み解いたものも。それが、エッセイストの河崎環さんによる著書『女の生き様は顔に出る』に収められた「工藤静香の”嫁ブロック”を尊重する、キムタクの男前」と題した章です。

 河崎さんによると、嫁ブロックというのは「2016年の年明けからちらほらとメディアで取り上げられていた言葉」だといい、次のように説明しています。

 「転職活動をする男性が、内定を手にしたあとに妻の反対を受けて辞退する現象を呼び、拡大が加速する転職市場での業界用語だった。それが年初の新聞で『嫁ブロックで男の挑戦がくじかれる』といったような報道がされ、『嫁ブロックとはなんぞや』『妻たちが夫の転職を反対する理由がふざけている』『年収ダウンや東京からの都落ちがイヤだとか、大手有名企業の名を失うのがイヤだとか、結局見栄でしかない』とネット界隈が沸いた」(本書より)

 しかしこの「嫁ブロック」に対する河崎さんの見方は、そうしたネット上の声とは違っている様子。著書で次のように指摘しています。

 「連れ添っている妻だからこそ分かる夫の適正や、そもそも転職を志した原因となる葛藤、その転職は本当に『挑戦』なのか、それとも『逃げ』なのか、妻の仕事や子どもの教育と友人関係、実家や義両親や親戚との距離など、妻のほうが周りが見えていることは大いに考えられる」(本書より)

 その上で、次のように断じます。

 「家庭を持つとは、家族が同じチームとなって一つのゴール、『幸せ』を今後の人生を共にして実現しにいくことであり、みながステークホルダーになることであり、だからチーム内の移行調整が必須なのだ。もし、『嫁ブロック』を受けた夫がそれを恥ずかしく思ったり、不満を膨らませたりしているとすれば、その夫と妻が見ている方向はバラバラだ。すなわち、調整が失敗しているということであり、家庭内チームワークは危機なのである」(本書より)

 そしてここで登場するのが、SMAP解散騒動。この騒動で、SMAP唯一の既婚者である木村拓哉、そしてその妻・工藤静香という夫婦に注目すると、こんな風に見ることができるのだそう。

 「妻には妻の、夫には夫の意向や言い分があり、それを話し合いで調整して初めて、夫婦として機能する。だから、工藤静香の『嫁ブロック』をのんで(もちろんそれだけが理由ではないと思うけれど)事務所残留を決め、あとはじっと口をつぐむキムタクは、仕事人としても家庭人としてもさすが一流。その男前ぶりに改めて惚れる」(本書より)

 なるほど、そこに見えるのは、仕事での大きな決断に関しても妻の意見をしっかり聞き、その声を受け止める夫・木村拓哉の姿。彼がただ一人残留を決めたことへの賛否はいまだにありますが、「夫婦」、そして「妻」という立場から見ると、また違った風に受け止めることができそうです。

 本書にはこのほかにも様々な話題を「女」という立場から見つめたエッセイが詰まっています。「アラフォーの私たちは吉田羊の夢を見るか?」「Blendyの『揺れる胸』炎上CMは何が悪かったのか?」「東村アキコ『ヒモザイル』は何がアウトだったのか」などなど、昨年話題となった出来事を、河崎さんが「女」の立場で斬っていきます。「そういう見方があったか!」「だからもやもやしたのか!」と、さまざまな気づきをもたらしてくれそうな一冊です。

■関連記事
SMAPの解散はアイドルの生前退位? 大人のためのSMAP論
他のグループとは一線を画す 楽曲から見るSMAPの偉大さとは
つんく♂を支えた、家族の愛とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。