体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「HTC U Ultra」は久々のHTCヒット作になる!? HTCには発表直後から問い合わせ殺到

昨日、HTC は「HTC U Ultra」「HTC U Play」という新ブランドのスマートフォンを発表しましたが、現地に住む HTC 通の知り合いの話によると、HTC の地元台湾では発表直後から HTC U Ultra に関する問い合わせが殺到しているそうです。久々の HTC ヒット作になるとの見方も出ています。HTC U Ultra は新しいフラッグシップモデルとして発表された新型スマートフォンで、HTC 10 の直接的な後継モデルなのかどうかはまだ微妙なところですが、スペック的には歴代の HTC スマートフォンの中で最上級の仕上がりとなっており、2 インチのセカンドディスプレイや AI ベースのアシスタント機能、高性能カメラ、ハイクオリティオーディオ機能を搭載するなど、スペック・機能ともに申し分ないものとなっています。Snapdragon 835 ではない点が少し気になりますが、性能面ではさほど問題にはならないでしょう。HTC U Ultra は最初に台湾で発売されます。予約受付は 1 月 18 日から開始する予定で、現地の HTC 通によると、発売日は 1 月 24 日になるそうです。しかし、24 日の発売は数量限定の先行販売なので、入手は非常に困難だと見られます。日本人が運営している台湾ショップ「モバイルゲージ」は既に HTC U Ultra の予約受付を行っています。同ショップのオーナーは、できれば 24 日の先行販売分を一定数確保したいと意気込んでいますが、限られた HTC ショップでしか発売されず、また、台数も限定されているので、確実に予定台数を確保できるのかどうかは微妙だと話していました。HTC U Ultra の定価は 23,900 台湾ドル(約 87,000 円)です。モバイルゲージでは 107,900 円と若干盛られていますが、当面は台湾のみで販売されるので入手困難であることと、転送サービス料を考慮するとやむを得ないかなという印象です。それにモバイルゲージは早急に発送手配を行うので、在庫があればほぼ翌日には発送します。早く入手したい方にはおすすめです(在庫があれば)。Source : モバイルゲージ

■関連記事
「みんなの絵文字キーボード」にAI変換が導入。新アプリ名「flick」へとリニューアル
Etorenで「HTC 10 evo」が発売、直輸入可能に
Android 7.0にアップデートされたXperia XZでマルチウィンドウモードを使う

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。