体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大黒摩季、7月に故郷・北海道内7都市を回る「北海道ドリーム・ツアー2017」開催を発表

大黒摩季、7月に故郷・北海道内7都市を回る「北海道ドリーム・ツアー2017」開催を発表

昨年8月に「ライジングサン・ロック・フェスティバル」で6年ぶりのライブを披露、10月には故郷・札幌のニトリ文化ホールでの単独ライブを成功させ、さらにはベスト・アルバムのリリース、年末の音楽特番への出演など、2016年後半を一気に走り抜け、完全復活を果たした大黒摩季。7月に、北海道内の7都市を回るツアーの開催が発表された。

2017年は、6年間の病気療養を経ての活動再開を全国津々浦々のファンに自ら報告したいという本人の思いから実現した全国47都道府県ツアー「Maki Ohguro 2017 Live-STEP!! 〜 Higher↗↗Higher↗↗中年よ熱くなれ!! Greatest Hits+ 〜」を2月からスタート。第1弾として、2月から6月までの間に19ヶ所で公演を行う。

そして、この7月には、再び北海道への凱旋が決定し、北海道内の7都市を回る「大黒摩季 北海道ドリーム・ツアー2017 〜 Higher↗↗Higher↗↗道産子よ熱くなれ!! Greatest Hits+ 〜」を開催する。過去2回、2007年と2010年にも開催されて来た「ドリーム・ツアー」は、札幌以外の北海道地方都市を回り、広い北海道内でなかなかライブに来れないファンと交流を図りたいという思いを込めたもの。復帰後最初となる今回は、7月8日の伊達市からスタートして20日の根室まで、道南から道東の7都市を回る。

「原点回帰」をテーマに掲げ、2016年8月北海道で見事に復活を果たした大黒摩季が、全国を駆ける一年を経て故郷・北海道への愛情と共に再び北海道へ戻って来る。

ツアー情報
大黒摩季 北海道ドリーム・ツアー2017
〜 Higher↗↗Higher↗↗道産子よ熱くなれ!! Greatest Hits+ 〜
2017年7月8日(土)だて歴史の杜カルチャーセンター
2017年7月9日(日)苫小牧市民会館
2017年7月12日(水)旭川市民文化会館
2017年7月14日(金)北見市民会館
2017年7月15日(土)鹿追町民ホール
2017年7月18日(火)釧路市民文化会館
2017年7月20日(木)根室市総合文化会館
全席指定 6,500円(税込)
※4歳以上有料。3歳以下膝上可(ただし席が必要な場合は有料)

関連リンク

大黒摩季 オフィシャルサイト:http://maki-ohguro.com/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。