体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ドクター・ストレンジ』アカデミー賞の次は魔術で勝負!?『ファンタビ』と共通点も

『ドクター・ストレンジ』アカデミー賞の次は魔術で勝負!?『ファンタビ』と共通点も

 世界最速で累計興収1兆円を突破したマーベル最新作『ドクター・ストレンジ』が、まもなく日本にも上陸する。

 本作は、ベネディクト・カンバーバッチ演じる天才外科医スティーヴン・ストレンジが不慮の事故で両手を失うも魔術で敵に立ち向かう姿を描いたストーリー。同じく魔法をテーマにした『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が昨年から既に公開されているが、この2作品には興味深い共通点があるようだ。

 ハリー・ポッターの新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で、主人公の魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを演じているのはエディ・レッドメイン。昨年カンバーバッチは『イミテーション・ゲーム』でアラン・チューリング博士役、エディは『博士と彼女のセオリー』でスティーブン・ホーキング博士役を演じ、ともに第87回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた。両者のノミネートは、実在の人物を演じたイギリス人俳優という共通点で大きな話題に。そして、主演男優賞はエディが受賞するという結果となったのだ。

 本作で、空間と時間を操ることができるドクター・ストレンジを演じているカンバーバッチ。昨年のアカデミー賞では惜しくもエディに敗れたものの、本作では圧倒的な映像革命と壮絶な戦いを披露しており、エディに負けない魔法を見せてくれるに違いない。

◎公開情報
『ドクター・ストレンジ』
2017年1月27日(金)全国ロードショー
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2017MARVEL

関連記事リンク(外部サイト)

『ドクター・ストレンジ』マーベルのトップが明かす、マントがもつ大事な意味とは!?
スター・ウォーズシリーズ最新作『ローグ・ワン』の特別メイキング映像が公開
ダース・ベイダー11年ぶりの降臨まで間もなく、特別映像「ベイダー編」が解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。