体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

にゃんこパワースポット 広島県尾道編 – 猫街探訪記その②

7744

映画撮影や、ポスターなどにも使われることが多い、情緒あふれる風光明媚な景色が人気の観光名所と言えば、広島県尾道。
千光寺や三重の塔などの寺院、古民家がずらりと軒を連ねる古風な坂道を歩いていくと のんびりと暮らす猫たちに出会うことができる。
港町からほど近く、しまなみ街道も一望できる、高台の広場は、ここに暮らす猫たちのお昼寝スポット。

7761

眼下に広がる雄大な絶景と、ゆっくりと流れる至福の時を味わう猫たち。
尾道の港では美味しいお魚をいただき、高台の絶景でお昼寝。ここはまさしく猫の楽園。
そんな猫たちが往来する小道を地元の人は「猫の細道」と親しみを込めて呼ぶ。

7773

そして、この「猫の細道」には、にゃんこパワースポットの名所としての、もう一つの顔がある。
小道の脇には「福石猫」と呼ばれる丸石でできた猫が、ひっそりと生息している。
「猫の細道」を中心に、今では1000体いるとも言われる福石猫。フランスのパリで生まれ、大阪万博のプロデュースも手掛けたという、天才クリエイター園山春二氏によって生み出された。福石猫を見つけたら、その数だけ幸せになれるのだとか。

7781

頭を3回なでると願い事が叶うとも言い伝えられている、福石猫達は、出来上がるまで1年近くもかかる。日本海の荒波によって、角が丸くなった石を拾い、半年間は塩抜きをしてから、特殊な塗料を使って重ね塗り。その上に丹念に猫の表情が描かれていく。尾道最古の神社、艮神社でお祓いされて、初めて福石猫として誕生する。そんなありがたい福石猫が祀られている、福石猫の神社がある。

7788

木陰から顔を覗かせる、表情豊かな福石猫に誘われ進むと、その先には御神体が。
まるで絵本の世界に迷い込んだかのような、不思議なワクワク感。
御神体の福石猫を3回撫でて手を合わせる。私の願い事は、オープン予定の保護猫シェルター「保護猫の家」にたくさんのお客さんが来て、保護された猫たちが、幸せ家族と巡り会えること。

7794

福石猫さんの頭を3回撫でて、手を合わせてお参り。たくさんの猫たちが幸せになれるといいな。
さらに猫たちのパワーに触れたいという方には、こちらもおすすめ。それが、「招き猫美術館」

7682

入り口には猫絵馬が飾られている。
中に入ると、たくさんの個性的な約3000体の招き猫を見学することができ、「福石猫」も購入することができる。既にお気付きの方もいるだろうか?福石猫には、丸耳の猫が多い。
これは、耳がアンテナの役割として、より多くの幸せをキャッチできる形状なのだとか。

7688

置物の招き猫だけでなく、眺めているだけでも幸せになれそうな、神々しく、可愛らしい絵柄のアート作品も飾られている。猫ラヴァーならば、なおさらのこと楽しめること間違いなし。
ちょっと心が疲れてきたら、ここ、尾道にある、「猫の細道」を訪れてみてはいかがだろうか?
個性豊かな福石猫が、疲れた心に、癒しと不思議なパワーを授けてくれるかもしれない。

 

幸せな猫ライフを過ごせるシェルター式保護猫カフェを作りたい

https://readyfor.jp/projects/Miracles

 

著者:放送作家 藤村晃子

The post にゃんこパワースポット 広島県尾道編 – 猫街探訪記その② appeared first on にゃんこマガジン.

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。