体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

是枝裕和監督、新作映画で福山雅治と再び手を組む

San Sebastian Film Festival, San Sebastian, Spain - 21 Sep 2015
映画『空気人形』や映画『海街diary』など、国際映画祭でも評価の高い是枝裕和監督が、2013年公開の映画『そして父になる』で主演を務めた福山雅治と再び手を組むことを明かした。新作は、是枝監督のオリジナル脚本で製作される。

福山が演じるのは、勝つためには手段を選ばない敏腕弁護士だ。作品で福山は、役所広司(映画『最後の忠臣蔵』、映画『SAYURI』)の演じる前科持ちの殺人犯で、別の殺人容疑で起訴された男を渋々弁護する羽目になる。

映画は1月中旬から3月にかけて撮影し、9月に劇場公開を予定している。日本国内での配給は、ギャガと東宝が手掛ける予定だ。海外の配給先は、現時点では決まっていない。

是枝監督は映画の主人公について、声明の中で以下のように述べている(現地英文記事より和訳)。

「主人公は、真実を知る必要はないという専門的な信条を持つ人間です。彼はそのことに確たるプライドを持っています。しかし、単純な殺人事件の中で、ひと目で犯人と思える人物と対峙していく間に、彼の価値観は揺さぶられ、何が真実なのかを知りたいと考えるようになっていきます」(是枝監督)。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。