体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い出を「ノート」するアプリって?

思い出を「ノート」するアプリって?
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。1月12日(木)のオンエアでは、開催情報とクーポンと思い出が一つのアプリになった、展覧会をノートする「Museum Note」を紹介しました。

先月配信が開始されたスマートフォン向け無料アプリ「Museum Note」。展覧会情報やお得なクーポンのほか、このアプリ最大の特徴は「展覧会をノートする機能」です。

「Museum Note」は、一言で言うと「展覧会ファンのための情報アプリ」。美術館や博覧会、キャラクター展といった展覧会についてはもちろん、その休館日やアクセス方法、開催中に決まった最新イベントやキャンペーンの情報まで掲載されています。展覧会によってはお得なクーポンやプレゼントといった付加機能、もうすぐ終わってしまう展覧会をプッシュ通知でお知らせするなど、展覧会ファンのかゆいところに手が届くアプリを目指して開発したそうです。

そして一番の特徴である「Myノート」機能。実際に展覧会を見に行ったあと、その感想を記録することができます。この機能について、アプリを開発した加藤さんは「展覧会に行くと、感想を出口のところで紙に書くというものはあっても、自分の記録として残るものがありませんでした。アプリ上で展覧会ごとに星いくつといった満足度が書けたり、自分の気に入った作品の感想を記録して、後から過去の感想に立ち返れることが特徴となっています」と説明してくれました。

アプリを提供している朝日新聞社の片岡さんは、開発のきっかけについて「展覧会のプロモーションで公式ツイッターの運用担当になり、会期中ずっとお知らせや見どころを文字に起こしてみて、その展覧会の見方が凄く変わりました。作品を丁寧に見るようになりましたし、右から見るのと左から見るのは一つの絵でも違うなという気づきがあったり、いろいろな感想に出会うことができたんです」と語ってくれました。展覧会が終わったら「300文字の感想を思い出としてノートしよう」と決めて展覧会に入ると作品の見え方が変わりますし、それを繰り返していくことでユーザーにより一つ上の展覧会ビューワーになっていただきたい、という思いもあるそうです。

一度見た展覧会に時間が経ってからもう一度訪れる前に「Myノート」を見ると、前回と違った楽しみ方を見つけることができるかもしれませんね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。