体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっと待った! 新年に目標を立てる時に気をつけるべきこと

新しい年を迎えると、「今年の目標!」と、夢を描きますよね。でも、一日一日経つにつれ、何となく日々の忙しさや、自分の怠け心が顔を表すことからか、何となく年の始めの意気込みが消えていくことってありませんか? そこで、目標を現実にするためにはどんな風に目標を立てるといいのか? 心理カウンセラーとして活躍されている方に聞いてみました。

 

まず立てる前に悩む

 

 

一年という長い時間の中で、成功へ向かうためには気持ちを持続させることが必要不可欠。だからこそ、元旦にさっと考えた目標では途中“忘れてしまったり”、“目標を成功させる他の方法がある事すら思いつかない”のです。

 

少なくとも2,3日は立てる目標について考え、達成欲の強いものを自分の中でも拾い上げてみてください。

 

一点集中型

多くの目標を達成しようと思うと、気持ちが散乱してしまいます。まずは一点集中。一つの目標に全精力を注ぐ形をとった方が成功へは近づきます。何をしていても、ベクトルが一つのところへ向いていれば、力は何倍にも膨れ上がりますので。そして、達成した時に次の目標を立てる。目標は一度に幾つもでなく、一つづつ順番にがいいですよ。

 

周りを巻き込む

 

 

仕事に関係する人、家族や友人、恋人、目標に関係しそうな人たちへ、目標を打ち明けてみてください。誰かに一度言ってしまえば、ウソをつくわけにもいかないので達成せざるを得ないと言う気持ちにもなりますが、その目標が現実になるために周りの人が力を貸してくれることにもなるのです。

 

自分で決めた期間の計画を具体的に立てる

 


Insight(インサイト) 2010-12-25 発売号
Fujisan.co.jpより

 

「いつまでに」「何をする」を明確にします。週ごとでも月ごとでもそれは個人の性格や、目指す内容によって変えてください。一週間で1キロやせる。一か月の間に本を三冊読む。など、目標はあくまでも個人のものですから、度合いも個人の生活感や、スケジュールの忙しさなどに合わせて作ってみてください。

 

とりあえず過去に失敗したことは避ける

過去に失敗した目標は無意識のうちに考えが固まっていて、新たな方法を探しにくくなっています。その結果、達成できなくなる可能性が高くなるだけでなく、ストレスをためることにもなりますので、目標がどんどん達成できたと確認できる事実が幾つも積み重なった後の目標にしてみてください。

 

是非、絶対成功さえるためにも、2017年の目標は、時間をかけて立ててみたら如何でしょうか?

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。