体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京の「絵本の聖地」、また消える…ブックハウス神保町閉店の衝撃

おととし、2015年末、吉祥寺の絵本専門店「トムズボックス」が閉店、22年余りの歴史に幕を下ろしました。吉祥寺の名所でもあり、絵本作家、絵本ファンの憩いの場でもありました。

 トムボックス経営者 mystory 公募ガイド
Fujisan.co.jpより

 

まさに聖地でした。どこから情報を仕入れるのか海外の観光客も訪れ、記念撮影をしている光景を目にしたこともありました。ナンセンス絵本の巨人、長新太ファンにもたまらない場所としても人気の店でした。

 

あれから1年。

なんと、今度は神保町にある新刊児童書の専門店「ブックハウス神保町」が、今年の2月20日をもって閉店…。ら、ら、来月です。先日たまたま「ブックハウス神保町」のHPを見たら、「閉店のお知らせ」が…。

 

まさか、そんな…

 

ついこの間、「読書の秋に親子で行きたい!東京都内の図書館&絵本専門店」で紹介されていたばかりだったのに…。

 

0113ehn1

Twitterより https://twitter.com/nohana_haluka/media

 

一般の人は、「へぇ~出版不況だからねぇ」くらいかもしれませんが、絵本ファンからすると、かなりの衝撃のニュースなのでございます。去年のくりぃむしちゅー有田さんの結婚発表くらいの衝撃です。

 

絵本屋さんの特集では必ず紹介されるお店で、絵本ファンからの人気も超高い絵本専門店なのでございます。最近、絵本に興味を持ち始めた方、いや、まったく絵本に興味のない方も、是非!是非!一度、足をお運び頂きたい!「東京にこんな絵本屋さんがあったんだ」と目に焼き付けて頂きたい!

 

では一体どんなお店なのか…まず、お店の雰囲気。ヒデ(中山秀征)ちゃん流に言うと、「とにかく、お店のイキフンがグンバツなわけよ!」なぜか天井が無駄に高い!さらに、そこには太陽と月が描かれた印象的な天井画がドーン!

 

シックな書棚には、アンティークや雑貨、絵本の原画がところどころに飾られていたり…。お店(1F)の中央には、どでかい赤いソファースペースがドーン!そのソファーには、大きなクマのぬいぐるみが鎮座!(小学生くらいの大きさ)

 

その名も「おはなしくまさん」。このクマの手に本を置くと、なんと読み聞かせもしてくれるのでございます。店内の雰囲気は、まさに絵本の遊園地なのでございます。

 

Twitterより https://twitter.com/ehondaisuki/media

 

それだけでは、ございません。絵本の在庫の数も全国トップクラスでございます。店内に並ぶ絵本の数は、約1万5千冊! また、読み聞かせなどの店内イベントにもとても力を入れていて、店内奥のギャラリーでは絵本の原画展が常時開催されていました。土日とかに行くと、そこに作家さんもいたりします。

 

おはなし会や絵本講座、ワークショップなどもたくさん開催されていました。まさに、絵本の遊園地でした。(現時点ではまだ、閉店していません)

 

オープンしたのは、2005年。

 

神保町はご存じのとおり『本の街』と言われていますが、実は当時、新刊の児童書を扱ったお店はなかったそうです。それから11年、児童書専門店として、数多くの絵本ファンを楽しませてくださいました。

 

何度も言いますが…最近、絵本に興味を持ち始めた方、いや、まったく絵本に興味のない方も、是非!是非!一度、足をお運び頂きたい!

 

「東京にこんな絵本屋さんがあったんだ」と目に焼き付けて頂きたい!

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。