体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひとり1,000円の予算で、すき焼きはどこまで満足できるか

f:id:uralatokyo:20161130161306j:plain

家で鍋パーティーをすることはあっても、すき焼きパーティーってあまり聞かない気がします。高価というイメージがあるせいかもしれません。けれどリーズナブルながら一定のクオリティのものを提供する、すき焼き&しゃぶしゃぶ食べ放題のお店も人気の昨今、自宅でも挑戦してみようではありませんか。

ということで、ひとり1,000円の予算でどこまで満腹かつ満足できるすき焼きが作れるかやってみます。今回は3人という設定で、予算は1,000円×3人=3,000円です。

f:id:uralatokyo:20161130161110j:plain

食材、買ってきましたよ。まずはそのまま広げてみます。 アメリカ産牛肉切り落とし肩ロース 258円/g 306g 789円
アメリカ産豚肉切り落としロース 128円/g 402g 514円
地養鳥生肉団子 288円から10%引 259円
春菊 198円
玉ねぎ 48円
えのき 98円
長ねぎ 178円
しらたき 138円
焼き豆腐 138円
うどん 3人前 95円
割り下 188円

計 2,643円+211円(消費税8%)

合計 2,854円

肉は輸入物にしてボリューム重視としました。わずかな肉を奪い合う、あるいは遠慮し合うという構図は避けねばなりません。また、牛肉だけではコスパがよくないので、豚肉も買いました。

牛肉はひとり当たり102g。一般的なすき焼きのレシピでは1人前の肉(牛肉)が100gなので、しっかりクリアしています。さらに豚肉がひとり134g、肉のボリュームは男性でも満足できるかと。さらに肉のバリエーションを豊かにするため、鶏肉団子も購入しました。

うどんは〆で食べます。「うどんよりご飯派」という人もいますが、甘い割り下とうどんの相性のよさときたらもう……ここは譲れません。うどんで!

しいたけはちょうど家にあったので、それを使ってしまいました。しいたけも買ったとしたら187円(税抜き)していたので3,000円オーバーとなり、肉の量が若干減ったことでしょう。さらに生卵も家にあるものを使ったので、それも買っていたらさらに肉が減ったはず。

玉ねぎは一般的なすき焼きには入れないと思いますが、肉じゃがに入っている玉ねぎみたいな味になるんじゃないかな? 財布にやさしい価格だし、買ってみました。こうしてみるとすき焼きって野菜が少ないですね。肉を食べる料理なんですね。「すき焼き=高価」というイメージはここから来ているのかもしれません。

f:id:uralatokyo:20161130161137j:plain

これが3人前のすき焼きの材料です。

さて、では作ってみましょうか。

ちなみにうちはすき焼き用鍋はありません。卓上カセットコンロもありません。そのためフライパンで作ります。ないならあるものを活用するだけですよ。

すき焼きは関東風と関西風で作り方や味付けが違うようですが、ここは買った割り下のラベルに書かれていたレシピに従うことにします。

f:id:uralatokyo:20161130161155j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。