体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nokia 6のファームウェアでCyanogenMod 14のリソースが活用される

HDM Global が今週発表した Nokia ブランドの第一弾 Android スマートフォン「Nokia 6」で、カスタム ROM で有名な「CyanogenMod」のリソースが活用されていることが分かりました。Nokia 6 は Android 7.0 Nougat と Nokia 独自のカスタム UI を搭載しており、一見すると Huawei や Xiaomi のスマートフォンみたいです。しかし、発表後に公開された実機のスクリーンショットからカーネルで CyanogenMod 14 のソースコードを使用していることが分かりました。別のスクリーンショットによると、Nokia 6 の UI は Nokia のブルーカラーをテーマにしたオリジナリティを感じる内容ですが、ランチャーやユーザー ID 管理システムなどの他の部分でも CyanogenMod を活用しているというのです。CyanogenMod は昨年末の時点で提供終了を発表しており、今後は Lineage OS へと変わる予定なので、このまま CyanogenMod のリソースを利用し続けることは、メンテナンスやサポートの面で困難に直面しそうです。この点はどうするのでしょうか。Source : Weibo

■関連記事
Google、Google+の写真表示に機械学習技術を導入してデータ量と転送時間を削減
HTC U Ultra / Playに導入されたAIアシスタント機能「HTC Sense Companion」とは?
NTTドコモ、「Galaxy Tab S 8.4 SC-03G」のAndroid 6.0 Marshmallowアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。