体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手紙社が贈る布の祭典「布博」、「世界」をテーマに今年も京都・東京で開催決定!

nunohaku_2017spring_01

今回も「ブローチ博」「靴下パーラー」同時開催

2017年2月4日(土)・5日(日)に、京都・岡崎の京都市勧業館みやこめっせにて「布博 in 京都 vol.4」、また、2017年3月25日(土)・26日(日)には、東京・調布の東京オーヴァル京王閣にて「布博 in 東京 vol.8」が開催されます。

「布博」は、「もみじ市」や「東京蚤の市」などを主催する手紙社による、テキスタイルと布にまつわる作家の祭典です。布の美しいデザインや、布を使って暮らしを彩ることの楽しさを伝えたいと、2013年から始まりました。

テキスタイルデザイナーや刺繍アーティスト、作家、ボタンや毛糸など扱う手芸用品店が集いますが、5年目を迎える今回の「布博」のテーマは「世界」。京都開催では「手紙社史上、最も華やかで鮮やかな2日間」と題されるなど、いつもに増して豪華な布陣が期待できます。

毎回人気の「ブローチ博」「靴下パーラー」ももちろん開催。ライブが開催されたり、フードのお店が並んだりと、盛りだくさんの内容です。今から予定の確保をお忘れなく。

nunohaku_2017spring_10 nunohaku_2017spring_02 nunohaku_2017spring_03 nunohaku_2017spring_04 nunohaku_2017spring_05 nunohaku_2017spring_06 nunohaku_2017spring_07 nunohaku_2017spring_08 nunohaku_2017spring_09

布博 in 京都 vol.4

日時:2017年2月4日(土)・5日

会場:京都市勧業館みやこめっせ/京都市左京区岡崎成勝寺町9-1

入場料:500円

布博 in 東京 vol.8

開催日時:2017年3月25日(土)・26日(日)

会場:東京オーヴァル京王閣/東京都調布市多摩川4-31-1

入場料:500円

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

10年以上続く作家イベントの先駆け、雑司ヶ谷「手創り市」が今週末開催
銀座・新宿で第二回 「AKOMEYA 蚤の市」が開催! 食と雑貨で賑わう1カ月
何度も足を運びたい! doinel「冬のセール/蚤の市」で北欧ヴィンテージなどがお値打ちに

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。