体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水曜日のカンパネラ、コムアイが内緒にしていたこと

水曜日のカンパネラ、コムアイが内緒にしていたこと
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。1月11日(水)のオンエアでは「必殺! 仕事人の館」のコーナーに、Tokyo Recordingsのレーベルオーナーであり、水曜日のカンパネラの「ナポレオン」の楽曲も制作した、音楽プロデューサーの小袋成彬さんが登場しました。

小袋さんと水曜日のカンパネラ・コムアイは、とある誕生日会で知り合ったそうです。当時、小袋さんは大学生、コムアイは高校生。その後、年に一度くらいの割合で会って近況報告をしていたそうですが、コムアイは当初、水曜日のカンパネラの活動のことを言っていなかったとか。

小袋:ある日、飯を食っていたときに、コムアイが「あたし、音楽をやるんだ〜」って言い始めて。
コムアイ:すごく自信なさげだったでしょ? 学校の人には、今さらアイドルみたいなことやるとは言えなくて…それに音楽を始めたのに、うまくいかなくてやめましたっていうのは超恥ずかしいから。軌道に乗ってみんなの目に入らないと認められないから、それまでは黙っておこうって思って。
小袋:確かに「ナポレオン」の依頼が来るまでは、その話をしなかった。
コムアイ:実は、水曜日のカンパネラの短い歴史の中で「ナポレオン」はかなりの転換点だったの。映像を撮ってくれている山田智和くんに、どの曲を頼もうかと思ったときに「ナポレオン」ができてきて、「あ、これだ!」と思って。だから小袋くんと智和くんが「水曜日のカンパネラはこういう方向性もあるんじゃない?」って提示してくれたっていう。

と振り返っていました。「ナポレオン」以降、一層幅が広がったそうです。そんな小袋さんは、1月からJ-WAVEで、新番組「MUSIC HUB」(金曜24時30分―25時)のナビゲーターを担当しています。「私、小袋くんは絶対に番組をやった方が良いと思ってたんだよね」というコムアイ。

コムアイ:深夜25時からだから聴いてくださいね。
小袋:いや、深夜24時30分だよ(笑)。(コムアイは)聴いた?
コムアイ:ん? ん?
小袋:聴いてないのに適当に言いやがって(笑)!

ということで、みなさんは、ぜひ小袋さんの番組もチェックしてみてください(笑)

そのほか、今週の「SPARK BOX」 のコーナーでは、小袋さんと水曜日のカンパネラ・ケンモチヒデフミもビックリの人物から届いた作品を紹介したり、2月8日に発売されるアルバム「SUPERMAN」から、「オニャンコポン」を初解禁しました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時―26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。