体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

足首をキュッとさせる♡メリハリヨガポーズ

足首をきゅっとさせる、メリハリヨガポーズ
こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。脚は細くても、足首がむくんだりたるんだりしでいて、メリハリがないことが気になる人もいるのではないでしょうか。足首周りは腰や生殖器、ホルモンバランスの状態を表すポイントでもあり、きゅっと引き締まった足首は健康の証です。今回は、足首周りのメリハリをつくるヨガをご紹介致します

足指・足裏歩き

立って、足指・足裏を尺取り虫のように動かしながら前後に進みます。足指や足裏を動かす筋肉は、ふくらはぎへとつながっているので、ふくらはぎからアキレスけんにかけての引き締めになります。

くるぶしマッサージ

両手のこぶしで、片足ずつ内外くるぶしの周りをくるくると円を描くようにマッサージをします。下半身のむくみ解消のマッサージです。

くるぶしマッサージ

つま先立ち・かかと立ち

裸足で立って、両足でつま先立ち~かかと立ちを繰り返します。足裏を転がすように、滑らかに動かします。つま先立ちで止まったり、かかと立ちで止まってかかとで歩いたりすると、さらにバランスを取るための筋肉が使われ、立体的できれいな足を作ります。

慣れてきたら、片足立ちで行います。片足立ちでつま先立ち~かかと立ちをしたり、つま先立ちで止まったりします。

つま先立ち

メリハリある足首・ふくらはぎをつくる腓腹筋

ふくらはぎの主な筋肉には2種類あります。膝を伸ばしたまま足首を動かす時に使う腓腹筋と、膝を曲げたまま足首を動かす時に使うヒラメ筋です。

ヒラメ筋は、その名の通りふくらはぎの横幅を出す、下の方の筋肉です。腓腹筋は上の方にあるため、膝はなるべく伸ばして接地して歩くなど、腓腹筋を使うと膝下が長く見えてきれいです。

今までのヨガエクササイズも、膝を伸ばして行うものばかりでしたね。

膝を伸ばすイメージ

おわりに

いかがでしたか?靴の中で足指を動かしたり、待ち時間などにつま先立ち~かかと立ちをしてみたり、気づいた時に取り入れてみて下さいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

顔のパーツは問題じゃない!全体の雰囲気が美人をつくる心理学的理由とは
待っているのも辛い・・・。一方的な片思いからスッキリする方法
乾燥が気になるこの季節に!乾燥を防ぐアイディア3つ
恋のチャンスをつかむ!「第一印象が良い」と思われる4つのコツ
ハリのある美肌をつくる夜エクササイズ5つ

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。