体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1900年代のデザインの歴史から学ぶ!デザインの基本とは

本稿は、Smashing Magazineのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、Dmitry Fadeyev氏によって投稿されました。

 

近年人気の高い「フラット」なインターフェースのデザインは、単なるトレンドではありません。それは真のデザインへの欲求の現れです。つまり、視覚的に過剰なものを抑え、偽物や余分なものを排除しようとする欲求です。

技術の進歩はときに過剰なものを生み出すことがあります。

19世紀には、機械化された大量生産によって、装飾品を早く生産することができるようになり、その結果、製品は過剰に装飾されるようになりました。

 

近年、同様のことがデザインの世界でも起きています。

ディスプレイやスタイリングの技術の進歩によって、デザイナーたちはリッチな外観のインターフェースをデザインすることが可能になりましたが、その結果、スキュアモーフィックデザイン(現実の質感を模倣したデザイン)やスタイリングが過剰になりました。

モダンデザインの運動は、本物のデザインを求める過程で、19世紀の過剰な装飾を抑制することによって、現代の大量生産によりふさわしいデザインを生み出しました。

 

目次

モダンデザインの誕生
デジタルの装飾
本物のデザイン
ミニマリズムではない
本物のデザインが重要である理由

 

モダンデザインの誕生

1908年、オーストラリアの影響力の強い建築家であるアドルフ・ロースは、『装飾と犯罪』という挑発的なタイトルのエッセイを書きました。

ロースは、「現代の装飾主義者たちは、文化的に遅れているか病理の症例である。彼らの作品は今後3年も持たないだろう。彼らの生産したものは、文化人には受け入れがたいものであり、他の人々にとってもやがてそうなるだろう。」と主張しています。

さらに大胆にも、「人々の水準が低いほど、装飾は贅沢になる。装飾に依存するのではなく、形に美しさを見つけることが、人類が目指すべき目標である。」と主張しています。

 

なぜロースは装飾を批判するに至ったのでしょうか?モダンデザインの先駆者であるロースのマインドセットを理解するには、初めに19世紀のデザインの実態を知る必要があります。

蒸気機関の発明によって、機械化された大量生産の時代が始まりました。美術評論家のフランク・ウィットフォードは、「蒸気駆動の機械は、人間の手作業よりも速く、より規則的にほぼすべての物質を切って型抜きして、生産することができます。

生産が機械化されたことにより、より低い価格でより高い利益が実現されています。」と書いています。

 

しかし生産方式が人の手作業から機械に変化した一方で、製品のデザイン自体は変化しませんでした。

建築や家具から衣類や食器に至るまで、ほとんどの製品には、ルネサンス時代からの伝統的なデザインに基づく、豪華な装飾が加えられていました。

inkstand_mini

歴史的に、人の手作業による装飾品は生産コストが高く、富と贅沢の象徴とされてきました。しかし機械化によって、こうした需要の高い装飾品の模造品を安く早く生産できるようになりました。

どのようなデザインが大量生産に適しているのかを立ち止まって考えることもなく、メーカーは低コストで歴史的なデザインを模造することができる機会に飛びつきました。

その結果、アドルフ・ロースをはじめとするモダンデザインの先駆者たちが批判したような、低品質で装飾が過剰な製品が氾濫するようになったのです。

 

有名な建築家であるル・コルビュジエは著書の『今日の装飾芸術』の中で、「ごみが豊富に装飾されているものである。」と遠回しに批判しました。また「贅沢な物は、しっかりとした造りで、美しくクリーンで、純粋で健康的です。無装飾なそのままのものには製造のクオリティが現われます。

1 2 3 4 5次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。