ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入りにくい…!ソウルの実験的アートカフェ「BAT」が異彩を放ちすぎてた。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国・ソウルで異彩を放っているカフェを見つけました。真っ赤な照明で見るからに怪しい雰囲気。外観を見る感じだとどんなお店なのかさっぱりわかりません!今回はカロスキル(街路樹通り)にあるカフェ「BAT」に潜入取材です!

ソウル・カロスキルのオススメカフェを紹介インスタ映え抜群!韓国のかわいいカフェ4選韓国でアートメイクをしてすっぴん美人!?

韓国の流行発信地「カロスキル」

韓国・ソウルでおしゃれな街といえばどこを思い浮かべますか? 多くの人がカロスキル(街路樹通り)を中心とした新沙洞と答えるでしょう。ここは表参道のような雰囲気の街で、洗練されたカフェやブティックが立ち並んでいます。

実験的アートカフェ「BAT」とは

実はこのカフェ、韓国のサングラスブランド「GENTLE MONSTER」が運営しているカフェなんです。時期によってカフェのコンセプトを変えているらしく、私が訪れた時は「Comic book, The Red」というテーマでした。どうやら店内で漫画が読めるカフェ、つまり漫画喫茶のようです。ちなみに前回のテーマは「Coffee in the Farm」です。店内の床には土で敷き詰められていて、植物が沢山生えているというぶっ飛んだ内装でした。

入りづらすぎる「BAT」に実際に潜入してみた

どうしても気になってしまい、この上なく入りづらすぎる「BAT」に韓国人の友人を誘って行ってみました。コウモリのネオンが怪しく光っています。自動ドアが開いてびっくり。店内は赤くありません(笑)店員さんの佇まいも非常にクールです。実際に1階で漫画を読む人は少ないらしいのですが、1階でも簡易的な椅子があるので漫画を読むことができるようです。こちらがメニュー。利用料10,000ウォン(約1,000円)払えば1日中いられるシステムになっています。ドリンクも200円からなので意外とリーズナブル。利用料を支払うとガイドブックと石鹸を貰えます。なお先払い制です。普通のカフェだと思って来たので、今回はとりあえず見学のみ! 店内を見学したいと友人が店員に伝えると快諾してくれました。漫画のジャンルごとにフロアが分かれています。とりあえず地下のロマンスに行ってみました!想像以上にお客さんがいました。店内にいたお客さんたちは、黙々と漫画を読んでいて、店内は静か。喋れる雰囲気ではありません。2階へ行ってみました。左右対称な美しい空間がキューブリック映画のセットを彷彿とさせます。椅子はふかふかなので長時間座っても疲れません! なぜか訪問時は座り心地の良いはずである2階にはお客さんがいませんでした。ずらーっと沢山の赤い本棚に赤い本が並んでいます。全ての漫画に赤いブックカバーを施す徹底ぶりが凄い!実際に開いてみると、日本の漫画が非常に多い。しかし韓国語版に翻訳されてしまっているので理解できません(笑)もちろん英語の漫画もあります!

GENTLE MONSTER BAT住所:ソウル特別市江南区シンサ洞535-1営業時間:月曜定休 13-21時公式HPはこちら

今後のテーマにも期待!

私が訪れた時期(2016年12月)は漫画喫茶というテーマでしたが、2017年はカフェのテーマが変わるかもしれません。内装も外装もガラッと変わるので、ソウルに訪れた際は是非チェックしてみてください。アート好きにはたまらない場所となることでしょう!入りにくい…!ソウルの実験的アートカフェ「BAT」が異彩を放ちすぎてた。

関連記事リンク(外部サイト)

50人以上の僧が並ぶ「托鉢行列」とは?ラオス・ルアンパバーンでは観光客も参加できます
シンガポールでカフェに行くなら、この3店舗だけは行ってほしい。
『アバター』惑星のモデル・世界遺産「武陵源」は実は人で溢れてた!?それでも驚く絶景とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。