体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
私たちの感覚機能のうちのひとつに味を感じる「味覚」があります。

なぜ、同じ食べ物や飲み物でも人によって味の感じ方が変わるのでしょうか?

今回は味覚の不思議と味覚異常で疑われる疾患などについて、医師に解説していただきました。

味覚の種類について

味覚は、以下の5種類に分類されます。

甘味

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
砂糖やはちみつなどに代表される甘い味です。

酸味

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
酢やレモン汁などの酸っぱい味です。

苦味

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
お薬の多くや、コーヒー、チョコレートなどは苦みを感じます。

塩味

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
塩、しょうゆなどのしょっぱい味を指します。

うま味

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
いわゆるだしの味や、うま味調味料の味などがこれに該当します。

味覚は何歳で決まる?

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
味覚に関しては、まだ完全に解明されてはいない部分もあると思いますが、舌において味覚を感じる「味蕾」と呼ばれる部分は胎児期に形成され、味を感じるようになるのではないかと考えられています。

また、赤ちゃんは甘みには生後間もなくから反応しますが、塩味に関しては3歳くらいまでに発達するといったように、味の種類によっても異なるようですね。

味覚が変化する5つのケース

年齢

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
年齢を経るごとに、味蕾の数は減っていくことから、一般にだんだん味覚は鈍くなっていくと考えられます。

ただ、経験や過去の記憶などによって豊かになる部分もあると思いますので、一概に加齢によって一方通行で味覚が低下する、ということは言えないと思います。

温度

味覚が変化する5つのケースとは?医師が解説する味覚の不思議について
温めるか、冷やすかによって大きく味が変化する食べ物って多いですよね。コーヒーや、デザート、料理なども見た目はあまり変わらなくても食べごろの温度があります。

有名なところでは人間の味覚は、ものを冷やすと塩味を強く感じ、甘みを弱く感じるという性質があります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。