体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランクフルトの天気とおすすめの服装、観光スポット5選をご紹介

フランクフルトの天気とおすすめの服装、観光スポット5選をご紹介

Photo credit:David Stanley via flickr cc

こんにちは。Compathy Magazineライターのmiriaです。日本人に何かと馴染みのあるドイツ第5の都市フランクフルト。歴史的にも古くから重要な役割を担ってきたヨーロッパ屈指の都市であるとともに現在では国際金融都市としても名を馳せています。

フランクフルトは日本からも直行便が出るなどヨーロッパでも訪れやすい街でもあります。今回は、そんなフランクフルトの魅力と訪れる際の服装や観光スポットなどをまとめてご紹介していきます。

ドイツ・フランクフルトとは? 

Photo credit: Shohei Watanabe「乗継時間でフランクフルト散策

フランクフルトはドイツ連邦共和国の主要都市の一つです。ご存知の人も多いですよね。フランクフルトという街は知らずとも一度は聞いたことがあるという人も多いでしょう。ソーセージの名前にもなっていますし、『アルプスの少女ハイジ』が連れていかれる大都市の名前だったりもします。それもそのはず、フランクフルトは正式名をフランクフルト・アム・マインといい、人口70万人を超えるドイツ連邦共和国ヘッセン州の最大都市でありベルリン・ハンブルク・ミュンヘン・ケルンに次ぐドイツ第5の都市でもあります。

794年の文献にフランクフルトの名が記載されていることから分かるように、ドイツの中心都市の一つとして発展を遂げています。世界史の表舞台にもたびたび登場する都市でもありますよね。街並みはその歴史的背景もあり、歴史的建造物が多く存在するドイツでも魅力的な観光地の一つです。

歴史に興味がなくとも十分に堪能することができる街です。また、現在のフランクフルトは世界的な金融都市でもあり、EUの経済的な中心都市でもあることから、高層ビルの立ち並ぶモダンな街という側面も楽しむことが出来るでしょう。

フランクフルトの基本情報

Photo credit: Matthias Ripp via flickr cc

フランクフルト・アム・マイン(Frankfurt Am Main)

・人口:約70万人

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。