体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本アニメの基礎を築いた一人、元・虫プロの野崎欣宏死去 『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』など

日本アニメの基礎を築いた一人、元・虫プロの野崎欣宏死去 『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』など

 伸童舎株式会社・取締役会長の野崎欣宏さんが1月10日に死去したことが分かった。同社が発表した。享年75歳。

【関連:訃報】

 野崎さんは、日本アニメーションの基礎を築いた一人と言われている。手塚治虫さんの『鉄腕アトム』から手塚アニメに携わり、虫プロダクションの資料室にて、のちの週単位アニメーションの基礎を築く「バンクシステム」の構築、「設定制作」という職種を確立するなど、現在のアニメーション制作になくてはならないものに貢献。

 通夜並びに告別式は、野崎家と伸童舎株式会社との合同葬として行われる。場所は所沢市斎場・第一式場。通夜が1月19日18時から19時、告別式が1月20日10時から11時に行われる。葬儀委員長は野崎さんの次男であり伸童舎株式会社 代表取締役社長の野崎伸治さんがつとめる。なお、遺族の希望により「誠に勝手ながら御香典、御供花、御供物の儀はご辞退申し上げます。」としている。

■野崎欣宏(のざきよしひろ)略歴

▼虫プロダクション時代
手塚治虫のもと、1963年日本初のTVアニメ『鉄腕アトム』からアニメ制作に携わる週単位でのTV放送を可能にした「バンクシステム」や「設定制作」の確立に貢献。『ジャングル大帝』他多数の虫プロアニメ作品制作に携わる。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会