体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2年連続ベストセラー1位、ドラマ化も決定】『嫌われる勇気』が支持され続ける理由とは?

――最後に、どういう視点で毎日を過ごせばもっと幸せに生きられるようになるのか、アドバイスをお願いします。

「過去」と「未来」を手放すことです。「過去」は、今はもうないものだと思ってください。過去にこだわっていると、「あの時こうすればよかった」とくよくよ悩む。でも、過去にはもう戻れないのだから、過去にこだわる必要は全くありません。

一方で、「未来」はまだ来ていません。来ていないことに不安を覚える必要はありません。

今日という日を、今日という日のためにだけ使う。そうしていると、明日が来るのです。そもそも、今日満ち足りた生き方ができたら、人は明日のことは考えないものなのです。そして、大きな悩み、苦しみの中にある人は、「過去と未来は手放す」「今日という日を、今日という日のためにだけ使う」をぜひ意識して、今を生きてほしい。

こうやって1日1日を丁寧に生きていけば、この1日が「点」になり、この点を繋いでいくことで「線」になります。未来は何も決まっていません。精一杯今日を生きることが重要なのです。

f:id:itorikoitoriko:20161227170644j:plain

▲発売3年目で150万部を突破し、2年連続で年間ベストセラーランキングの1位を獲得。

f:id:itorikoitoriko:20161227170645j:plain

▲2017年1月より連続ドラマ化も決定。

木曜劇場『嫌われる勇気』(フジテレビ系1月12日スタート 毎週木曜日22時~)出演/香里奈、加藤シゲアキ、椎名桔平ほか ©フジテレビ

EDIT&WRITING:伊藤理子 PHOTO:平山諭

関連記事リンク(外部サイト)

カルビーの“利益率が5年で10倍”を実現させた「働き方改革」とは?
「大企業」でくすぶるより、「ベンチャー」で夢中になりたかった…――楽天“自由すぎるサラリーマン”仲山進也さんの「奇跡のキャリアプラン」
どうしたら「やりたい仕事」を選べるようになるのか?

前のページ 1 2 3 4
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。