体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2年連続ベストセラー1位、ドラマ化も決定】『嫌われる勇気』が支持され続ける理由とは?

フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されるアルフレッド・アドラーの思想を、「青年と哲人の対話」という物語形式で紹介し、150万部を超える大ベストセラーとなった書籍『嫌われる勇気』。2013年12月の発売以降、右肩上がりに売れ続け、2015年、2016年と2年連続の年間ベストセラーランキング1位となった(ジャンル別)。また、2017年1月からはドラマ化されることも決定し、話題を集めている。

この『嫌われる勇気』が長きにわたって読まれ続けている理由は、どこにあるのだろうか?特に支持されているポイントは?本書の著者であり、哲学者の岸見一郎氏に話を聞いた。

f:id:itorikoitoriko:20161227170640j:plain

岸見一郎氏

哲学者、日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問

西洋古代哲学、とくにプラトン哲学を専門とする。1989年からはアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動を積極化、精神科医院などで多くの若者のカウンセリングも行ってきた。訳書にアルフレッド・アドラーの『個人心理学講義』『人はなぜ神経症になるのか』、著書に『アドラー心理学入門』など多数。『嫌われる勇気』の完結編となる『幸せになる勇気』も好評。

人間は、基本的には古代ギリシア時代とほとんど変わっていない

――『嫌われる勇気』が2年連続の年間ベストセラーランキング1位となりました。なぜ、ここまで支持され続けているのだと思われますか?

『嫌われる勇気』は、アドラー心理学を紹介する本ですが、心理学というよりも「哲学書」という認識を私は持っています。

哲学は、「人はいかに生きるべきか、幸福とは何か」をテーマとしていて、古代から脈々と受け継がれている学問ですが、なぜ今も学ばれ続けているかというと、紀元前5世紀に生きていた人と、現代人は、それほど大きく変わっていないからです。古代ギリシアの本を読むと、地理的にも、時間的にも、うんとかけ離れているのに、昔も今も人は同じようなことを考え、悩んでいることがわかります。

だから、哲学書である本書はそもそも「一時的な」ブームでは終わらず、長く読まれるのだと思っています。

また、アドラーの思想がいよいよ現代に追い付きつつあるのだという実感もあります。以前、私は「アドラーの思想は時代を1世紀先駆けている」と言っていましたが、ここにきて「半世紀ぐらいには縮まった」という印象です。

アドラーは、過去を一切否定し、「これまでの人生に何があったとしても、今後の人生をどう生きるかについて何の影響もない」と言い切り、「自分の人生を決めるのは、今ここにいるあなた」「他者の期待を満たすために生きてはいけない」と説いています。『嫌われる勇気』は20代、30代の若者から拡がって行ったようですが、この考え方は若い人を中心に支持されているようです。大人が言っていることを鵜呑みにして従っていたら、自分の人生を生きられなくなると気付き始めた。今までもおそらく、無意識的に思っていたことがこの本で言語化されたから、「やっぱりそうだったんだ!」と視界が晴れ、周りに勧めた人も多かったのではないかと思います。

親がいくら反対しても、あなたの人生はあなたが決断せよ

f:id:itorikoitoriko:20161227170641j:plain

――「大人が言っていることを鵜呑みにして従うと、自分の人生を生きられなくなる」とは、例えばどういうことでしょうか?

ある女性が、大好きだけれど経済的に恵まれていない男性と付き合っているとします。しかし、親が「あんな男と結婚するなんてあなたが不幸せになるから、絶対に許さない!」と大反対すると、「親が悲しむから」と、大好きな彼を振って、親が勧める安定した地位にある男性と結婚する人が意外に多いそうです。

でも、いくら安定した地位にある男性と結婚しても、うまくいかないことはある。うまくいかないとわかった時、「お母さんが反対したから、私はこの人と結婚し、不幸せになった!」などと親に文句を言うのかもしれませんが、これはとてもずるいやり方。自分の人生は、自分で責任をとるしかないのです。

自分の人生なのだから、親の言いなりに結婚しても意味はない。経済的に恵まれていない彼との結婚を反対されたとしても、あなたの人生なのだから、「私はこの人と結婚する」とあなたが思うようにすればいい。親は悲しむでしょうが、それは「親が解決すべき課題」であって、あなたが解決すべき課題ではないのです。

「自分の人生を生きていない」ことに気付いたら、もう戻れない

――本書を読んで、「自分の人生なのに、自分で決断し切れていなかった」と気づかされた若者が多い、ということですね。

そうです。「自分の人生なのに、自分の人生を生きていない」ということに気付くのは衝撃だと思います。そして、気づいてしまったらもう元には戻れない。失敗を人のせいにしてごまかすことはできなくなり、自分の人生に責任を持たねばならなくなります。

あまり美しくない例えですが、アドラーは「他人のスープに唾を吐く」という表現を使います。友人と楽しい食事をしていたが、ふと相手の唾が自分のスープ皿に飛び込んでいることに気づいた。それまでは美味しく飲んでいたけれど、気づいてしまったらもう飲めないですね。アドラーの教えは、すべてこういうもの。人の心に刺さり、聞いてしまったらもう戻れない。本書のことを「劇薬」と評す人がいますが、これが理由でしょう。

ある年の5月のことですが、一人の若者が私のもとを訪ねてきました。有名な国立大学を卒業し、4月に大手企業に入社したものの、もう辞めてきたと。

なんでも、初めの研修で飛び込み営業をさせられて、それがうまくいかず、ひどく怒られて生まれて初めて挫折したというのです。そして、周りを見渡してみたら、上司も先輩も少しも幸せそうではないことに気付き、わずか1カ月で辞めてしまったのです。

普通は皆、「たった1カ月で辞めるなんて!」「根性が足りない」「いい会社なのにもったいない」などと言うでしょう。でも私は「決断できてよかったね」と声を掛けました。彼は小さいころから勉強ができて、親が勧めた高校、大学に進み、いい会社に内定が決まって…と親が敷いたレールを歩み、幸か不幸か一度も挫折しないまま就職まで至った。でも、初めて挫折を経験し、それを機に「自分の人生とは?」を考えることができたのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。