ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鉄オタのアメリカ人が、「世界の路線図」を集めたら…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一言で“鉄オタ”といっても、その種類はさまざまだ。

列車に乗るのが好きな「乗り鉄」や車両の写真撮影を趣味とする「撮り鉄」。そうそう、スタンプを求めて駅を巡ることに楽しみを見出す「押し鉄」なんて人たちもいるらしい。

ただし、ここで紹介するグラフィックデザイナーPeter Dovakは、自他ともに認める“路線図オタク”。代表作「Mini Metro」には、そのマニアックさが遺憾なく発揮されている。

全世界220の路線図を
一気にチェックできる

これは、世界220の街の地下鉄・路面電車の路線図にフォーカスした作品。こうして見ると、東京やソウル、上海、ニューヨーク、ロンドンといった一部の大都市が突出して複雑なのがわかる。

東京


ソウル


ニューヨーク

一方、極端にシンプルな街も。

バレンシア


グラスゴー

この「Mini Metro」を眺めていると、かつてワクワクしながら乗った異国の電車を思い出し、懐かしい気持ちになる。全220には、あなたが乗ったことのある路線も含まれているはずなので、“鉄オタ”でなくともチェックしてみて。Licensed material used with permission by Peter Dovak

関連記事リンク(外部サイト)

19世紀の人々が思い描いていた未来予想図「2000年の世界」
【特集:移動】加速する時代。すべての人が「移動」する未来へ
世界最短の国際線。フライト時間は何分だと思いますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。