ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エド・シーランが“Carpool Karaoke”出演へ、過激なヒップホップを選曲するかも!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 英国人タレントのジェームズ・コーデンが司会を務める米TV番組『レイトx2ショーwithジェームズ・コーデン』の名物コーナー“Carpool Karaoke”(カープール・カラオケ)にエド・シーランが出演すると、現地時間2017年1月9日に英キャピタルFMのインタビューで本人が認めた。

 “Carpool Karaoke”は、コーデンが運転する車に有名人ゲストが同乗し、ドライブしながらゲストの曲を歌い、トークを展開するというコーナー。過去にアデル、グウェン・ステファニー、ジャスティン・ビーバー、マドンナ、スティーヴィー・ワンダー、マライア・キャリーなどの大物アーティストはもちろん、ミシェル・オバマ大統領夫人までが出演している大人気企画だ。

 「ジェームズ・コーデンとはこの件に関して3年くらい連絡を取り合っていたんだ。1本目に出演してほしいと言われてたんだけどスケジュールが合わなかったんだよね」と彼は明かした。

 「今年のどこかの時点で“Carpool Karaoke”に出演するよ」と認めたシーランだが、普通に持ち歌を披露するのが照れ臭いのか、過激なヒップホップを流すかもしれないと話した。「自分の歌を歌うというのが趣旨なのは分かってるけど、ちょっと落ち着かないと思うんだ。ビギー(ノトーリアス・B.I.G.)の曲でもかけようかな。“ビッグ・ブーティ・ホーズ/Big Booty Hoes”みたいにすごく気まずくなるような下品な曲をかけて、ジェームズ・コーデンが歌うのを聞いてみたいよ」と冗談交じりに語った。

 シーランは、2017年1月6日に新曲「キャッスル・オン・ザ・ヒル」と「シェイプ・オブ・ユー」を公開し、両曲とも公開から24時間でスポティファイの配信記録を塗り替えた。

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン、J・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」は自身の新作のために書いた曲だったと明かす
エド・シーラン、新曲「Shape Of You」と「Castle On The Hill」を遂に公開
エド・シーランがJ・ビーバーとの共作「ラヴ・ユアセルフ」をカバー、顔の切り傷についてのジョークも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。