体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露

モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露

マルコメ株式会社は、本日1月12日にモーニング娘。’17とのコラボレーションプロジェクトから生まれた新商品「モーニングみそ汁」の発表会を開催した。

今回のコラボレーションにあたり、モーニング娘。’17のメンバー13名一人ひとりのイメージカラーやキャラクターをみそ汁の具材に結びつけ、組み合わせた具材ごとにパッケージ化した商品を開発、今春発売予定とのこと。

新商品は「モーニングみそ汁」と銘打ち、“朝ごはんに、みそ汁”が日本の朝の定番とは言えない時代だからこそ、“朝に、みそ汁”を思い出して欲しい。そんな思いから生まれた商品になった。

本発表会には、先日加入した新メンバー2名を含めたモーニング娘。’17のメンバーが11名登場(※佐藤優樹、羽賀朱音は欠席)。発表会を盛り上げた。

自身がそれぞれ割り当てられた具材に対し、「わかめ」を担当した11期の小田さくらは「サラサラの黒髪に憧れて、わかめをたくさん食べていたので、思い入れのある食材になれて嬉しいです!」と感想を伝えると、「揚げナス」を担当した12期の野中美希は「次に機会があるならシジミになりたい。食べた後に貝殻が残るみたいに、自分もモーニング娘。に爪痕を残したいです!」と宣言するなど、メンバーそれぞれの想いが飛び交った。その後、「我が家のみそ汁エピソード」と題したトークセッションでは、「青ネギ」を担当した10期の石田亜佑美が「私は宮城県出身なので、名産品の油麩が必ず入っていました。油麩をここで広めて宮城県の観光大使になれないかなあ!」と、熱く語っていた。

続いて、各ユニットの代表メンバーがそれぞれのパッケージとなった「モーニングみそ汁」を試食。「ほうれん草」を担当した9期でサブ・リーダーの生田衣梨奈は「鉄分がしっかり取れそうで嬉しい。食べていただく方にも毎朝私の顔をみてあったかい気持ちになってほしい(笑)」とコメントするなど、新商品の魅力を語っていた。また、新メンバー、13期の加賀楓も初めての食レポに挑戦。「えのきと肉そぼろのお味噌汁は初めて食べたのですが、これだけでご飯3杯いけちゃいそうです!私もみそ汁の味付けは得意なので、(料理が苦手な)飯窪さん、味付けしに行きますよ!」と、とすでに先輩メンバーとも打ち解けた様子でした。

本発表会では、1998年1月に発売されたモーニング娘。のメジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」を今回のコラボレーションのためにリメイクした新曲「モーニングみそ汁」を初披露。当時の初期メンバーを彷彿とさせる白いセーターに赤のチェックスカートの衣装によるパフォーマンスは大いに会場を沸かせていた。

グループ20年目となる活動の第一弾をみそ汁でスタートさせたモーニング娘。’17。ハロオタならずとも「モーニングみそ汁」の発売を楽しみに待とう。(た)

モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露 モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露 モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露 モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露 モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露 モーニング娘。’17とみそ汁がタッグ! まさかのあの曲をリメイク『モーニングみそ汁』を披露

マルコメ『モーニングみそ汁』特設サイト
http://www.marukome.co.jp/morning/

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。