ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「LINEモバイル」で月間データ量の上限を超過した場合の通信速度を確かめてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LINE の MVNO サービス「LINE モバイル」において当月使用できるデータ量を超過した場合の通信速度を確認してみました。LINE モバイルでは他の MVNO サービスと同様に、1 ヶ月の間に契約プランの上限容量を超える通信を行った場合は翌月まで通信速度が上下 200kbps に制限されることになっています。こうなることを実際に確認してみたということです。結果は予想通り、上下とも 200Kbps 前後に制限されました(正確には 250kbps 前後ですね)。ただ、速度制限中に YouTube を利用しても、(最も低い解像度ですが)映像はほぼ途切れることなく視聴できたので、MVNO サービスの速度制限の中でも LINE モバイルは比較的使えるほうだと感じました。比較のために、b-mobile の MVNO サービスも超過後は 200Kbps に制限されます。実際の通信速度は 200Kbps 前後と仕様通りでしたが、PING の応答時間や実測値にかなりのバラつきが見られ、不安定でした。そのためか、YouTube を視聴しても一定の間隔でバッファリングが発生し、ストリーミング動画は観れたものではありませんでした。なお、LINE モバイルの速度制限はデータの追加補充またはデータプレゼントによる補充で解除されます。データチャージの場合、0.5GB / 1GB / 3GB を毎月 3 回まで追加できます。

■関連記事
群馬県桐生市、現地に行くと遊ぶことができるGPSゲームアプリ「2116」と観光ガイドアプリ「桐生市観光ガイド」をリリース
グリーティングワークス、年賀状をスマートフォンで撮影して整理できるアプリ「カシャポ」をリリース
国内版「Moto Z」の新色“ブラックゴールド”が1月下旬に発売、国内版のAndroid 7.0アップデートを近日中に実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。