ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

群馬県桐生市、現地に行くと遊ぶことができるGPSゲームアプリ「2116」と観光ガイドアプリ「桐生市観光ガイド」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

群馬県桐生市とニュートロンスター、キッズバレイが合同で、現地に行くと遊ぶことができる GPS ゲームアプリ「2116」と観光ガイドアプリ「桐生市観光ガイド」を Google Play にリリースし、桐生市の観光ガイドサービスを 1 月 12 日より開始しました。アプリはそれぞれ無料でインストールできます。2116 は現地に行くと遊ぶことができるゲーム「2116 feel and color ~それでもここにいる理由~」が収録されています。GPS でユーザーの位置を読み取るため、GPS の設定が必須です。ゲームは桐生市街地に設置されたセンサーにスマートフォンを持ったユーザーが近づくことで、100 年後の 2116 年を舞台にした近未来ストーリーが進行する内容です。ゲームアプリ自体は映画、ゲーム、舞台などを手掛けるクリエーターが制作していて、実写映像やプロジェクションマッピングなど、様々なアトラクションを楽しむことができるようになっています。2116 は期間限定で、3 月 31 日まで遊ぶことができます。またゴールとなる北幼稚園跡地への入園時間にも平日と土日祝日で制限があります。「桐生市観光ガイド」は 3 つのコースから選んで桐生市の観光ガイドが受けられるアプリです。一般的な観光地案内アプリとは違い、観光コースメインのアプリとなっています。また観光ガイドで紹介されているお店に行くことでクーポンを取得することもできるようになっています。「2116」「桐生市観光ガイド」(Google Play)

■関連記事
グリーティングワークス、年賀状をスマートフォンで撮影して整理できるアプリ「カシャポ」をリリース
国内版「Moto Z」の新色“ブラックゴールド”が1月下旬に発売、国内版のAndroid 7.0アップデートを近日中に実施
「LINEモバイル」で月間データ量の上限を超過した場合の通信速度を確かめてみた

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。