体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

保存版! CHINTAI社員が教える賃貸物件の探し方 ~「ネットで賃貸」初級者版~

保存版! CHINTAI社員が教える賃貸物件の探し方 ~「ネットで賃貸」初級者版~
メイン画像
インターネットで賃貸のお部屋探しをしているけれど、いろんな情報があり過ぎてどれがよいか分からない。検索がうまくできなくてよい物件がヒットしない。など、インターネットでのお部屋探しは便利なようで意外と時間がかかり、不便なこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、「CHINTAI社員が教える! インターネットでの賃貸物件の探し方」をご紹介します。

これからはじめて賃貸物件に住む方や、インターネットでのお部屋探しに慣れていない方は参考にしてみてくださいね。
ちょっと待った! 検索する前に確認したいポイント家賃の予算は決めた?

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s

賃貸に住む方に必要なのが毎月の家賃。一般的に家賃は、年収の2.5割までが家計を圧迫せずよいとされています。例えば年収400万円の場合、年間の家賃は100万円までがよいという計算になるので、月にすると約8.3万円。

少し前まで家賃の理想は、収入の3割とされていましたが、現在はちょっと変わってきているようですね。とはいえ、人によってお金をかけたいところは違うもの。自分はどこにお金をかけたいのかを考えてから、お部屋を見つけるのもお部屋の探し方のコツですよ。
住みたいエリアは決めた?

勤務先や学校に行くのに便利な場所、憧れの街など、選択肢はさまざま。多くの選択肢があるからこそ迷ってしまい、あれもこれも検索してすごい時間がかかる。なんてことにならないように、事前に目星をつけておくとよいですよ。
ただ、場所を決めすぎてしまうと逆に自分の希望の条件の物件が見つからないことも…。このあたり、やこの沿線沿いなど幅を持たせて置きましょう。
間取りの希望は?

賃貸において、一人暮らし向けの間取りは主にワンルーム/1K/1DK/1LDKの4つです。ただ、「広そうだから1LDK!」など間取りのみで判断するのはおすすめしません。

お部屋が広くなさそうなワンルームの間取りでも、ロフト付きのタイプで広く使えるお部屋もあれば、工夫次第で快適に過ごす方法もあります。家賃や他の希望条件と照らし合わせて絶対に譲れないポイントを決めておきましょう!
タイプ別! 賃貸の探し方はこれがおすすめ新入学生・新社会人

賃貸物件に一人で住むことが決まる方も多いこの時期。通学・通勤先は決まっているけど、どこの街にしようか決められない……。そんなフレッシュな方におすすめの探し方は?・「通勤通学時間から探す」で検索

通勤通学時間から探す

「勤務先が新宿だから電車で10分以内の中野駅に住みたい!」のように駅を絞ってしまうと、その駅近くにある賃貸物件しか見つかりません。でも、「通勤通学検索」を使うと知らなかった駅や、最寄り駅検索ではヒットしなかったお部屋も見つけられます!
選べる物件数がぐっと広がるので、おすすめの探し方ですよ。

また、学校や施設も入力できるので「○○大学から徒歩15分以内の物件」のようなピンポイントな探し方も可能。土地勘がなくても、賃貸検索ができるので便利ですね。

【通勤通学時間から探すの検索方法】
「通勤通学時間から探す」の検索画面から、交通手段を選択。電車なら乗り換え回数等を選び、間取りと家賃帯を選択して検索。
通勤通学時間から探す通勤通学時間から探す

・LINEでお問合せできる賃貸物件の探し方

LINE問合せができる物件
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。