体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結婚前にやっておけばよかった、1位は貯金

結婚前にやっておけばよかった、1位は貯金
独身時代は、一人で何でも自由にできたという人が多いはず。

 

でも結婚すると、お金や時間がかかるものは、夫に気を使ったり、忙しくて時間がなかったりと、なかなか実行することが難しくなってきそう。

 

■結婚する前にやっておけばよかったことナンバーワンは「貯金」!

 

そこで、20〜40代の既婚と婚約中の女性に、結婚する前にやっておけばよかったと思うことを理由と一緒に教えてもらいました。

 

1位:「貯金」(42%)

●「結婚すると、新居や結婚式、新婚旅行など想像以上にお金が必要になる」(29歳)

●「自分のための貯金をたくさんしておけばよかった。結婚するとふたりのお金になる」(28歳)

2位:「旅行」(34%)

●「女友達との海外旅行。行きづらくなるし、お誘いも少なくなる」(26歳)

●「自分が行きたい国に海外旅行なんて、独身のときでないと難しいかも…」(42歳)

3位:「美容にお金をかけること」(19%)

●「お金を自由に使えるうちに脱毛したかった」(27歳)

●「エステ。結婚するとお金がかかることとは疎遠になる」(26歳)

4位:「親孝行」(16%)

●「両親へ旅行などプレゼントしてあげればよかった」(28歳)

●「旅行や食事にもっと連れて行ってあげればよかった」(26歳)

5位:「夜遊び」(13%)

●「実家が厳しくてできなかった。今は体力がない」(32歳)

●「お酒を外で、時間を気にせず飲めるのは独身時代だけ。家庭を持つと、家族の許可が下りても心から楽しめない」(28歳)

 

他にも、「もう少し男の人を知っておけばよかった(笑)」(34歳)や、「合コンとかお見合いパーティなどに参加したかった」(40歳)などの、もっと遊んでおけばよかったというものもあれば、「特にない。今の生活に満足していて、やりたいことはやったし、これからやりたいことは一緒にやればいいと思う」(35歳)や、「特になし。やりたいことは、ほとんどやってから結婚したから」(30歳)といった、もう満足している人もいました。

 

■多くの人が結婚後もまだ諦めていない!

 

結婚前にやっておけばよかったと思う、貯金や旅行、美容にお金をかけることなどは、結婚したらもう諦めてしまうの?前述のアンケートで答えたものをもう諦めたのかも質問。すると、「諦めていない」(74%)、「諦めた」(26%)でした。

 

<諦めていない>

●「友人と1泊2日などの短期の旅行はできるだろうし、興味のある資格や仕事にはまだチャレンジしていく」(26歳)

●「子どもが大きくなったら友達と女子旅をしたい」(26歳)

●「これからずっと親孝行をしたいと思います。まずは旅行をプレゼントする計画中」(39歳)

●「今度は家を買うために貯めます!」(30歳)

 

<諦めた>

●「家庭の幸せに集中したい」(30歳)

●「できるタイミングがないような気がするので。それより優先したいこと(妊活)があるから」(25歳)

●「独身だからできることだと思うし、だからこそ楽しいと思うから」(40歳)

●「自分よりふたりで楽しめることに使いたい」(29歳)

 

「諦めていない」人は、貯金や親孝行だったら少しずつ、そして旅行は近場や子育てが落ち着いてからならできるといった理由が。反対に「諦めた」という人は、他に優先したいことや夫や家族と楽しみたいことができたという内容に。

 

結婚後にできなくなることを、結婚前に気付くのはなかなか難しいかも。でも、「諦めていない」という人がたくさんいて素晴らしい!ということは、結婚を機にできなくなることは、実は少ないのかもしれませんね。結婚前で気になる方は、先輩たちの意見をぜひ参考に!

 

 

【データ出典】

ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2016/10/7〜10/21

有効回答数:160人(女性)

 

 

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

関連記事リンク(外部サイト)

男女それぞれに質問!結婚適齢期って何歳?
彼について結婚前に確認すべきことってある?
結婚を迷ったときの判断基準って何?

セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。