体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【香港最新レポ】 香港で乗り継ぎ待ちにおすすめの「展望デッキ」

DSC_1465
アジア最大のハブ空港の1つ、香港国際空港。香港に観光やビジネスで利用するのはもちろん、ここを経由して東南アジア、オーストラリア、ヨーロッパなどへ向かう人も多いでしょう。もし、乗り継ぎ時間に余裕があるなら、空港内にある「展望デッキ」がおすすめです。
香港国際空港の展望デッキ(SkyDeck)は、第2ターミナルにあります。第1ターミナルからも徒歩で移動可能。飛行機や航空会社などの展示が見られる無料の「Aviation Discovery Center」内に入口があり、まず、チケットカウンターで入場券を購入します。大人1人15香港ドル。その後、エレベーターでSkyDeckに上がります。営業時間は平日、休日で異なるので要チェック。
デッキでは、大きなカメラと望遠レンズを手に飛行機を撮影するスポッターから小さな子どもを連れた家族連れまで、休日や天気のいい日は多くの人々で賑わっています。
この香港国際空港は滑走路が2本あり、片方が離陸、もう一方が着陸で運用されています。日中は絶え間なく離着陸があるので、飛行機好きにはたまりません。日本で見られない航空会社、機材などもけっこう多く飛来します。特に、海や高層ビルなどをバックに着陸してくるシーンは、迫力満点。カメラのレンズ機能に200mm程度の焦点距離があれば、楽しく飛行機撮影ができるでしょう。
日本の空港では展望デッキがあるのは当たり前でも、海外の空港でこのような展望デッキはかなり珍しいです。入場料は有料とはいえ格安。海外という治安の面から、有料のほうが逆に安心感もあります。
ただ、展望デッキにはトイレがなく、屋根もほぼありません。空港内の無料Wi-Fiも入りませんので、要注意。特に夏場はとても暑いので、日焼け止めや水分補給などは必須です。
DSC_3435
DSC_3701
DSC_3789
Hong Kong International Airporthttp://www.hongkongairport.com/
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【台北最新レポ】 台湾レトロ!赤レンガ造りのスターバックス 日本で見かけない限定メニューも
【香港最新レポ】 写真撮り放題! レトロな香港式純喫茶のスターバックス
ドイツの空港にある「展望デッキ」がすばらしい

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。