体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホでハリウッド級の動画撮影!専用のスタビライザー「Steadicam Volt」が大人気

Steadicam Volt2ハリウッド映画の撮影に変革をもたらしたとされるカメラスタビライザー「Steadicam」をご存知だろうか。

カメラを持って歩いたり車などに載せたりしながら撮影する際に生じるブレや振動を吸収し、なめらかな映像撮影を可能にする機材だ。

そのSteadicamにスマホバージョン「Steadicam Volt」が登場した。片手でラクにスムーズな映像を撮ることができるというもので、クラウドファンディングサイトKickstarterで人気を集めている。

Steadicam Volt4・すでに目標額を調達

Steadicamは、これまでに「ロッキー」「シャイニング」など名だたる映画の撮影に使われてきた。それだけに、現在Steadicam Voltが資金調達中のKickstarterでは多くの人の関心を集めている。

キャンペーンを開始したところ、たちまち目標額の10万ドル(約1150万円)を達成し、その後も続々と出資が集まっている。

・俊敏な動きでも撮影できる!

スマホ用のスタビライザーとしてはDJIのOsmoなどがあるが、Steadicam Voltは俊敏な動きに対応できるのが売り。

例えば、横に回転させる動き。人がさっと振り向くスピードで撮影しようと思っても通常のスタビライザーではラグが生じる。だが、Steadicam Voltだとそのままのスピードで撮影できる。この技術は、現在特許を申請中なのだという。

Steadicam Volt3・専用アプリも用意

その他の特徴としては、折りたためる構造になっていて持ち運びがしやすいこと。

それから専用アプリ(iOS、Android)でバランス調整やチューニングができ、スポーツと映画の撮影モードも用意されていることなど。

価格も、139ドル(約1万6000円)〜とこの手のものにしてはリーズナブルな設定となっているのも魅力だ。日本へはプラス60ドル(約7000円)で発送してくれるので、スマホで動画撮影をすることが多いという人はチェックしてみてはどうだろうか。

出資は3月5日まで受け付け、今年6月の発送を予定している。

Steadicam Volt/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2317556/video-737238-h264_high.mp4

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。