体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遠距離恋愛なら遠隔キス。唇のリアルな感覚にドキドキ

SNSが日常生活のなかに当たり前のように存在するようになって、連絡手段は格段に便利になったいま。

でも、遠距離恋愛をするとなると不安や孤独を感じることはまだあります。

そんな遠距離恋愛中のカップルの悩みを吹き飛ばしてくれるアプリ「Kissenger」が、ロンドンの大学で開発されました。

シリコンの唇を通じてリアルなキスの感覚が伝わる

ロンドンにあるCity University LondonのPhDの学生たちが開発した、実際のキスの感覚をリアルタイムでそのまま相手に送ることができるKissenger。

シリコンの唇がついた携帯用アクセサリーをスマホに繋ぐことで、相手とキスをすることが可能になる、という夢のようなアプリです。

Kissenger (iOS only)さん(@kissenger_official)が投稿した写真 – 2016 12月 27 5:33午前 PST

シリコンの唇部分に自分の唇を押し当てると、中に埋め込まれた高精度センサーが様々な角度から唇のデータを分析。

線上のミニチュア作動装置を通じてデータがスマホに転送され、そっくりそのまま相手側のシリコン唇に伝わるという仕組みです。

相手から「キスのお返し」も感じられる

相手が唇を押し返すと、その衝撃が自分に戻ってくるという、本当に相手とキスを交わしているような感覚を味わえるアプリ。

一方通行にならず、いつでも好きなときに相手と「触れ合う」ことが可能になるため、遠距離恋愛の寂しさや孤独感がぐっと少なくなりそうです。

ビデオチャットと連動して顔を見ながらキスできるので、相手をより近くに感じられるもうれしい。

言葉だけじゃ物足りない! Kissengerで愛情を確認

開発者のひとりであるPhDの学生、エマ・ジャンは、Kissengerを考案した動機について

「私たちは、普段あまりにもデジタルなコミュニケーションに依存しすぎてしまっている。とくに、遠方にいる離れた所に住む恋人と良い関係を持続するには、メールや電話よりも実際に触れあうことが有効なのよ」

と語っています。

LINEやSkypeでの「好きだよ」や「愛してる」の言葉もうれしいけれど、キスでの愛情確認も大切にしたい。

遠隔キスが物理的な距離をあっという間に縮めてくれそうです。

[Kissenger]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

バッグはミニマムで手ぶら極める #Valentino

昼と夜でリップ使い分ける

料理がしたい! 脳が癒される動画みつけた #sponsored

■ あわせて読みたい

今年最初の満月。あなたが今すぐやめるといいことって? #深層心理
朝の二度寝は当然。53%は週5以上自炊する #女子の本音
バッグはミニマムで手ぶら極める #Valentino
現実逃避したくて、遊びに逃げた。#ふたりごと
新年会、誰を呼ぶ? あなたの自己プロデュース力 #深層心理
通勤中。電車のなかで何してる?
自分が死んだあとのFacebookどうすればいい? 正解知りたい

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。