体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年のXperiaスマートフォンの一部は有機ELを採用する模様

Sony Mobile が 2018 年から Xperia スマートフォンで有機 EL ディスプレイを採用することを検討していると日刊工業新聞が伝えました。これまでに発売された Xperia の全ては液晶(LCD)を採用しているので、有機 EL の採用は非常に大きなニュースとなります。Sony は CES 2017 で自社製テレビ「ブラビア」で有機 EL を採用したモデルを発表しており、他の製品でも有機 EL の採用が始まると予想されている中、同サイトによると、Xperia のハイエンドモデルを中心に採用し、既に搭載モデルの設計の検討も行っているそうです。有機 EL は画素を構成する素子が発光する仕組みなので、液晶に比べて発色が良く映像がより鮮やかに表示されるほか、バックライト不要なので消費電力も低いとされる一方、液晶に比べて輝度を上げることが難しいので屋外での視認性で液晶に劣る場合が多々あります。Source : 日刊工業新聞

■関連記事
Android Wear 2.0は2月上旬にリリース予定、Googleが開発者に送ったメールで判明
Galaxy Note 7の米国における回収率が96%に達する、現地の航空会社は機内への持ち込み禁止の案内を終了へ
Google、Android 7.1.1でOEMにアプリをサイレントアンインストールする際にはユーザーからの許可を得ることを必須に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。