体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中学時代に全国大会へ行った!? お笑い界一の「相撲芸人」とは………!?

中学時代に全国大会へ行った!? お笑い界一の「相撲芸人」とは………!?

今回お話を伺ったのは、お笑いコンビ「トム・ブラウン」のみちおさん。「やる側」のスポーツという印象があまりない「相撲」で、中学時代に全国大会に行ったことがあるというみちおさんが、相撲を辞めてしまった「驚きの理由」とは………!?

SONY DSC

「すもう」に明け暮れた中学時代

中学時代に部活で相撲をやっていたというみちおさん。格闘技をやりたかったものの、部活に柔道部がなく、格闘技系のものが相撲部しかなかった為、やむを得ず相撲部に入部。始めて1ヶ月ぐらいで札幌市内の大会に出た所、まさかの3位に入賞してしまい、「もしかして、俺、才能あるんじゃないか」と思ったみちおさんは、中学時代を相撲に捧げ、3年生の時に全道大会に出場、団体戦で全勝優勝し、全国大会にまで進んだという。ちなみに、全国大会の初戦の相手が交換留学生の「クリステル君」。イギリス人の巨体を活かして相撲をとっていたクリステル君をみちおさんは寄り切りで見事に倒し、日本の魂を見せつけたそうだ。

相撲芸人として覚えていってください

ぶちかまし」という技が得意だというみちおさん。お笑い芸人さんで「相撲をやっていた」という人は少なく、有名所であれば「安田大サーカス」のヒロさんくらいだが、それ以外はあまり聞いたことがない為、もしも某番組に「相撲芸人」のような企画が立ち上がれば、真っ先にみちおさんを呼んで欲しい。ちなみに、みちおさんが相撲を始めた理由がは、相撲の競技人口がそんなに多くない為、「頑張れば、(他のスポーツよりも遥かに楽に)全国いけんじゃないか?」という少しやらしいものだったそうだ。

あっさりと捨てた

高校時代は、柔道部へと転向したみちおさん。その理由について、当時は「相撲じゃ、一生彼女が出来ない」と思ったそうだ。裸にまわしで、その時は相撲ブームでもなかったので、「これはヤバイ」と思った一方、漫画とかでは「柔道部の人はギリギリ彼女はいる」というような設定が多く、それに感化され、「柔道部に行けば彼女できる!」と思い転部したそうだ。ちなみに、相撲をあっさりと捨てたみちおさんは、柔道部に行っても全くモテず、卒業してからしばらく経ち、21歳になってようやく初めての彼女が出来たそうだ。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。