体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

材料は何でもOK! コツを押さえれば簡単 ターメリック(ウコン)を使った肉野菜炒め丼

f:id:uralatokyo:20161017111100j:plain

肉野菜炒めといえば、冷蔵庫のあり合わせの食材で手軽に作れる一品です。身近にある調味料で超適当に作っても、それなりの味に着地する、安定感あふれる普通メシ。まぁだからこそ、作るのも食べるのもいまいちテンションが上がらないとも言えます。

冷蔵庫に余った食材があるのは、わかっちゃいるんだけどねぇ。ついつい放置したままにしちゃって、結局処分してしまうこともなくはないんだよね。そんなヤサグレて虚しい気分の時に、ちょいとご提案です。余った食材たちの救世主として、ターメリック(ウコン)を使って炒めてはいかがでしょう。

ターメリックの頼もしさを肉野菜炒めに注入!

じゃじゃーん。ここで突然登場しましたターメリック。言わずと知れた、インドカレーには欠かせないスパイスのひとつです。

f:id:Meshi2_IB:20161206174511j:plain

ご存じない方のためにお伝えすると、インドカレー作りに最低限必要なスパイスといえば、クミン、コリアンダー、ターメリック、チリ、ガラムマサラの5品です。中でも今回取り上げるターメリックは、適量を適切に使う分には刺激やクセがなく(使い方の注意点は、後ほど下記の作り方にて)、和食にも気軽に応用できるのです。その上、体にも良い(インドでは傷口に振りかけて止血することもあるらしい)とされる、なんとも頼もしいスパイスなのです。

ターメリックを日本語にすると、ウコン。ウコンと言えば、みなさんもよくご存じかと思います。お酒が好きな人にとっては身近な食品でもありますよね!

では、「ターメリックを使った肉野菜炒め丼」を作ってみましょう。

材料(1人前)

(冷蔵庫にある物でOKですが、とりあえず今回使った食材) ひき肉 100g
キャベツ 1/6個くらい(ざく切り。もちろん他の野菜でもOK) にんにく 一片(みじん切り) しょうが 一片(みじん切り)
ネギの青い部分 適量(適当な細かさ) サラダ油 小さじ1
ターメリック 小さじ1/5程度
コショウ 少々
オイスターソース 適量→なければ砂糖やみりんでOK
ナンプラー 適量→なければ醤油

作り方はカンタン!

f:id:Meshi2_IB:20161206175049j:plain

温めた油に、にんにく、しょうが、ネギを加え、香りが出るまで炒めたら、ターメリックを投入しさらに炒める。にんにく、しょうが、ネギは風味付けなので、どれかひとつでもあれば入れましょう。

~ターメリックを使う2つの掟、量は控えめ、加熱は必須~

できた料理に薬味のように振りかけるのは絶対NG。そして体に良いからと言って、1人前に小さじ1杯は入れ過ぎ。粉っぽく土臭くなり、おいしくなくなります。この2つだけは十分気を付けてください。

f:id:Meshi2_IB:20161206175259j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。