ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10年以上続く作家イベントの先駆け、雑司ヶ谷「手創り市」が今週末開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

tezukuri-ichi_fuyunotouki-ichi_2017_001

作家の器で焼き餅を食べる「やきもち部」も再び

2017年1月15日(日)、東京・雑司ヶ谷の「鬼子母神」と「大鳥神社」にて、「手創り市」が開催されます。

2006年10月から開催されている本イベント。アクセサリーや革製品、布などのクラフトをはじめ、パンやお菓子など、さまざまなジャンルのつくり手が200ブース以上出展し、境内が賑わいます。

昨年初めて開催して好評だった「ふゆの陶器市」も併せて開催。鬼子母神会場の一部に、全国各地から計40組の陶芸作家が集結し、それぞれの個性溢れる器が並びます。

こちらも前回からの「やきもち部」も再び登場。ふゆの陶器市出展作家の作品から好きな器を選び、その場で焼いた切り餅をいただけます。

冬空の下、焼き餅や温かいコーヒーなどで暖をとりながら、作家との交流やお買い物を楽しんでみてください。

手創り市

会期:2017年1月15日(日) 9:00~16:00

会場:鬼子母神/東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20

大鳥神社/東京都豊島区雑司ヶ谷3-20-14

▽やきもち部

時間:9:00~14:00受付まで(または餅売り切れまで)

場所:ふゆの陶器市エリア(鬼子母神会場)

価格:切り餅はひとセット2個で300円(税込)

ひとセットにつき番茶を一杯サービス

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

銀座・新宿で第二回 「AKOMEYA 蚤の市」が開催! 食と雑貨で賑わう1カ月
何度も足を運びたい! doinel「冬のセール/蚤の市」で北欧ヴィンテージなどがお値打ちに
モチつき大会やガレージセールも! 代々木で「GOOD SUNDAY MARKET」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。