体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

色とりどりの氷の世界に感動!北海道の人気イベント「千歳・支笏湖 氷濤まつり」へ

色とりどりの氷の世界に感動!北海道の人気イベント「千歳・支笏湖 氷濤まつり」へ 千歳・支笏湖 氷濤まつり

冬の北海道を代表する祭典「千歳・支笏湖 氷濤まつり」が今年も開催!

氷濤まつりは抜群の透明度を誇る支笏湖の湖水から造られた大小様々な氷像や氷の遊具、温かい食べ物や飲み物、各種イベントなどが楽しめる人気のまつりです。

中でもライトアップは必見!支笏湖ブルーの美しさそのものだった氷像も、夜は色とりどりにライトアップされ幻想的な空間を演出します。澄んだ氷に映えるカラフルな光。その美しさにきっと感動することでしょう。土・日には花火も上がり会場はさらに華やかに。

寒い冬だからこそ楽しめる氷の世界へ行ってみませんか?

支笏湖の綺麗な水から造られる透き通った氷像

支笏湖ブルーに輝く氷像

支笏湖ブルーに輝く氷像

支笏湖ブルーとも呼ばれる青く透き通った水。環境省が行った湖沼水質ランキングで、なんと通算17回も全国1位に輝くほどの美しさを誇ります。その美しい水をスプリンクラーで骨組みに吹き付けて凍らせた氷像も、透明度が高く支笏湖ブルーに輝いています。太陽に照らされるとまるで宝石箱のような輝き。見ているだけでワクワクしますね。支笏湖ブルー

凍らないので冬でも支笏湖ブルーに輝きます

氷の遊具や乗馬体験もできる

乗馬体験

お子様にも大人気の乗馬体験

氷の滑り台「アイススライダー」や子供用スケートリンク「チャイルドリンク」などの遊具、会場内の周回コースを1周する「引き馬乗馬体験」といったここでしか体験できない遊びも充実。子供から大人まで楽しめます。引き馬乗馬体験は氷濤まつり開催期間中の11:00から17:00に実施、料金は1周700円です。

色とりどりの幻想的な世界に感動

毎日16:30から22:00まで行われるライトアップ。透き通った氷は色とりどりのライトに照らされ幻想的に輝きます。ウェルカムゲートを抜け、目の前に広がる光と氷の世界は「感動」の一言。昼間とは全然違う美しさを放つ光景を、ぜひその目に焼き付けてください!

幻想的な世界を華やかに彩る花火

花火

カラフルな氷の世界と花火のコラボレーション

開催期間中の毎週土・日は18:30から約300発もの花火が上がります。幻想的な氷の世界から見上げる花火もさることながら、氷像に反射する花火の光はここでしか見られない美しさです。この光景は一見の価値あり!

※天候等の諸事情で変更・中止になる場合もあります。

寒い中で食べるあったかい物で体の中からホカホカ!

会場内売店では、そば・うどん・甘酒・おでん・豚汁などの温かい軽食が用意されています。温かい食べ物を寒い中で食べ体の中からホカホカに。これも冬のお祭りならではの楽しみですね。もちろん暖かい休憩所もありますのでご安心ください。

まとめ

寒い冬にしか見られない感動的な光景やここでしかできない体験は、忘れられない思い出となるでしょう。会場はとても寒いので、防寒対策を万全に。土・日やライトアップの時間帯は渋滞も予想されます。時間には余裕を持ってお出かけください。

近くには美肌づくりの湯としても知られる温泉もあり、宿泊はもちろん日帰り入浴もできますから、冷えた体を温めに立ち寄ってみるのもいいですね。

北海道の冬の風物詩「千歳・支笏湖 氷濤まつり」で冬の素敵な思い出を作ってはいかがですか。 2017千歳・支笏湖 氷濤まつり

TEL/0123-23-8288(窓口名/支笏湖まつり実行委員会)

住所/2017年1月27日(金)~2月19日(日)

営業時間/9:00~22:00 (ライトアップは16:30~22:00)

定休日/まつり期間中無休

アクセス/車:道央道千歳ICより道道16号支笏湖公園線(支笏湖スカイロード)を走ること約40分。札幌から約1時間20分。

電車・バス:JR千歳駅から北海道中央バス支笏湖行き約44分、終点「支笏湖」下車すぐ

駐車場/約400台

料金/入場無料(引き馬乗馬体験は1回700円)

※この記事は2017年1月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

新しい冬の遊び方!富良野の雪の遊園地「ふらの歓寒村」がアツイ【北海道】
横浜赤レンガ倉庫がいちご一色!ヨコハマストロベリーフェスティバル2017が今年も可愛い

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。