体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうしたら「やりたい仕事」を選べるようになるのか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第4回の今回は、「どうしたら、自分にとって“やりがいのある仕事”ができるようになるのか?」についてです。 f:id:k_kushida:20170106204325j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

今回は少し、難しいテーマについて考えてみましょう。「どうしたら、自分にとって“やりがいのある仕事”ができるようになるのか?」についてです。

私は、自分のビジネスを手がける合間に、サラリーマン向けの各種セミナー「プロ研」というものを主宰していますが、そこでしばしば仕事についての相談を受ける機会があります。中でも、よく聞くのが「仕事が面白くない」という類の悩みです。

そういう方に「なぜ仕事が面白くないのでしょうか?」と聞くと、「自分のやりたい仕事ではないから」とか「やっている仕事が自分には向いてないから」といった答えが返ってきます。つまり、「仕事を自分で選ぶことができないから」というのです。

「不本意な仕事」しか回ってこない理由

そもそもなぜ、多くの人が仕事を選ぶことができないのでしょうか?それは、基本的に大部分のサラリーマンは「会社に仕事をもらっている立場」にあるからです。

仕事について考える際に、人の役割は大きく2つに分かれます。それは仕事を「与える人」と「もらう人」です。仕事を与える人とは「他人に与えられるだけの仕事を生み出すことができる人」のことであり、仕事をもらう人とは「それを受けて仕事を遂行する人」ということになります。

では、「どちらが仕事を選べるのか?」といえば、それはもちろん仕事を自分で生み出せる人です。自分で好きな仕事や意義を見出せる仕事をつくり出し、価値を生み出すことができるので、他の仕事を「もらう」必要がないからです。

一方、「もらう側」であるサラリーマンは、基本的には仕事が選べない立場です。世の中では、「適材適所」という言葉が叫ばれるようになってから久しく経ちますが、実際、ほとんどの人はいまだに自分の適性を活かせていないのが現実です。だからといって、それがすぐに「会社が悪い」「上司が悪い」という話につながるのかといえば、必ずしもそうとはいえません。

「会社が自分のことを分かってくれない」ということもあるでしょうが、実は「そういう自分自身も自分のことがよく分かっていない」というケースが大半だからです。

仮に、あなたがある日突然、上司に呼び出されて「今日から好きな仕事をしていいよ。何がしたい?」といわれても、おそらくほとんどの人がすぐには答えられないでしょう。万一、「私はこの仕事がやりたいです!」と即答できる人がいたとしても、それが果たして「自分の強みをどう活かせる仕事なのか?」「それがどう会社のためになるのか?」と問われたら、たいていの人が答えに窮するのではないでしょうか。

※自分の「強み」に関しては、「なぜ『自分には弱みがある』と言える人ほど出世できるのか?」をご覧ください。

では一体どうすればいいのでしょうか?

そもそも「何が向いている仕事か?好きな仕事は何か?」もよくわからないわけですから、いきなり、「好きな仕事や意義を見いだせる仕事」を生み出して、価値を発揮するような人になるのは難しいことです。ですから、段階的に「自分が仕事を選べる状態」を作りだすことが必要となります。

仕事が選べるようになるための「3つのステップ」とは?

f:id:k_kushida:20170106205125j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。