体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カーリス、スマートフォン全体にガラスコーティングを施す「スマホバリア」の発注券を都内18店舗のドン・キホーテで発売

カーリスがスマートフォン全体にガラスコーティングを施す画期的な保護商材「スマホバリア」の発注券を、都内 18 店舗のドン・キホーテで発売しました。スマートフォンを保護する場合はディスプレイは保護フィルムやガラスフィルム、本体はケースといった保護アイテムを使うことが一般的です。しかしスマホバリアは防弾ガラスの技術を応用したガラスコーティング溶剤をスマートフォン全体に施すことで、スマートフォンを裸で持っている状態でも保護ができるという優れた保護製品となっています。これにより、スマートフォンのデザインを損ねずに、安心して常用することが可能となります。実施にスマホバリアを施す場合はカーリス表参道店に直接出向く必要があります。今回ドン・キホーテで販売が開始されたスマホバリア発注券は、中にスマホバリアの優先予約が受けられる ID 番号が入っていて、購入後にカーリスのホームページから予約を行うことで、店舗でスマホバリアを施すことができるようになります。またスマホバリアの通常料金は片面 3,500 円 + 税、両面 5,500 円 + 税ですが、ドン・キホーテで販売されるスマホバリアの発注券は特別価格の 3,000 円 + 税となります。ただし片面か両面かは不明です。スマホバリアの実際の施行時間は 10 ~ 30 分程度です。Source : PR TIMES

■関連記事
Android 7.1.1にアップデートしたNexus 6で通話機能の不具合が報告される
ASUS Chromebook Flip 2 C302CAのPentium 4405YとCore M3-6Y30モデルのベンチマークテストを行った結果
ユニバーサルミュージック、英国の人気キャラクターの情報ポータルアプリ「Mr. Men Little Miss with CP」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。