ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【あてはまったら要注意】周りから悪者に仕立て上げられる人の特徴とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あなたの周りにこんな人はいませんか? 「自分のメンツを保つために、人に自分の間違えを擦り付ける人」。間違っていると思っていても、自分の立場や周りからの評価を下げたくないあまりに、嘘をつくならまだしも、人に罪を擦り付ける人間。本当に最低な行為だと思いますが、罪を擦り付けられる人は、悔しくても声を上げられない場合が多いのでは? 

 

ずるい人間はそこをついてくるんですよね。でも、「なぜ大勢いる中で標的になったのか? 標的にされる人には特徴があるんです」と話してくれたのは都内の学校でカウンセラーをしているOさん。そこで、罪を擦り付けられる標的になる人の特徴をOさんにお聞きしてきました。

 

まずは、人を悪者にする人の特徴を知って、警戒しましょう

自分を正当化したい

人を悪者扱いする人は、自分を正当化したいが為に他者を悪者にします。人を悪く言うこと、否定することで、あたかも自分が良いことをしているかのように周りに振る舞います。人を悪者扱いする人がいたら要注意です!

 

標的をつくる

何も悪いことをしていない人を悪者扱いするだけでなく、周囲に嘘ばかりを言い続け悪者に作り上げていきます。簡単に言えば、意地汚い人。周りの態度が変わってきたのに、なぜか2人きりの時は、ご機嫌取りをしてきたり、誰かの悪口をいう人がいたら要注意です!

 

責任をとらない

責任を問われることで、自分の立場が悪くなると言うリスクを人に擦り付ける人。「誰がやったのか」責任追及されたとき、自分が発信元だとしても「これは○○さんが提案してきました」と責任を人に押し付けます。例えば「上司に相談すれば君の立場は危ういから、私がなんとか収めるから」など、自分より身分の高い人への接触を嫌がったら要注意!

 

次に、あなたは大丈夫ですか? 悪者にされやすい人の特徴

ちょっと目立つタイプ

とても目立つ人ではなく、ちょっと目立つ人が狙われやすいのです。そういう人は芯も強く、ぶれない自分をもっていることから、人を惹きつける力がある人とされます。このタイプの人は、周りの人が嫌な思いをするぐらいなら自分が悪者でいいですと我慢をするタイプが多いのが特徴。人の間違いを指摘できない人、事実だけは明確にしておきましょう。

 

謙遜しすぎな人

謙虚なあまり、自分のことを話すときに、自分の立ち位置を下げて話す癖のある人は、悪者扱いされやすいです。人間のちょっといやらしい部分で、この人なら、価値を下げても批判してこないだろうし、少し悪者にしても大丈夫だろうという気持ちが、悪い人には生まれるんです。丁寧も度が過ぎると、悪者にいいように使われますので要注意!

 

発言が少ない人

混乱を招きたくないという気持ちからか、自分からの発言をしない人。こういう人は悪い人の恰好の餌食。いいように周りの人に言われてしまうので要注意です!

 

ストレスのない生活をするためには解決が必要。悪者にされた時の対処法

相手が言っていることを明確に否定する

自分が悪くないのに悪者にされている時は、自分の口から相手の目をみてしっかり「否定する」ことが大事。「自分にも悪いところがあったかも」という曖昧な態度では益々悪者は攻め込んできます。自分の立場を守るためには、上の人へ事実を時系列などに並び替えるなど、お知らせすることが有効です。

 

相手を非難せず事実だけを伝える

一番良いのは、メモでも、ICレコーダーでもよいので記録を残すこと。悪者は、後になって“あの時ああ言った”“言わない”という水掛け論を展開します。淡々と自分の言い分を事実で誠実に述べていくほうが相手は逃げ場をなくします。

 

“人のうわさも75日”問題があった以後、堂々としてください。また、困ったらなるべく上司に相談する方が早く『解決』にたどり着きます。上司に相談させたくないと言うことは、後ろめたいことがあるからなのです。遠慮すればするほど悪い人は平気でどんどん悪いことをしてきますので、匿名でもいいですから、周りに状況を知ってもらう機会を探してみてください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。