体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜赤レンガ倉庫がいちご一色!ヨコハマストロベリーフェスティバル2017が今年も可愛い

ヨコハマストロベリーフェスティバル

横浜赤レンガ倉庫をいちごで埋め尽くす「ヨコハマストロベリーフェスティバル」が今年もやってきます。

今年のいちごマーケットには、過去最多18店舗ものいちご関連のブースが集まります。いちごを使用した見た目も甘いスイーツや、いちごをモチーフにした可愛い雑貨など、いちごに囲まれる幸せなひと時を味わいに行きませんか?

人気のイベント、横浜の農家さんによる新鮮な朝採れいちごの直売も、開催予定です。期間は2月3日から2月12日までの10日間、イチゴ尽くしの休日をどうぞ。

ヨコハマストロベリーフェスティバルを楽しむポイント

2013年から毎年、横浜赤レンガ倉庫で行われるヨコハマストロベリーフェスティバル。今年はそれがさらにパワーアップして開催されます。出店ブースも18店舗となり、こだわりのスイーツや雑貨が集結します。

他にも、横浜赤レンガ倉庫内店舗が提供する新作いちごスイーツ、いちごの無料サンプリング、朝採れいちごの直売コーナーと、旬のいちごが堪能できるおいしい企画がもりだくさんのイベントです。それでは、それぞれのコーナーの特徴や楽しみ方をさらにご紹介していきましょう。ヨコハマストロベリーフェスティバル 可愛いいちごオブジェがお出迎え。※画像は過去開催時のものです。ヨコハマストロベリーフェスティバル

エントランスもキュートないちご♪ ※画像は過去開催時のものです。

いちごスイーツに夢中になる一日

数多くのパティスリーが集まるヨコハマストロベリーフェスティバルでは、オリジナルないちごスイーツに出会えます。

中でも注目は、恋するモンブラン(600円)やいちごのミルフィーユ(540円)といった今回初登場の新メニュー。名前も姿もかわいくて、食べれば笑顔がこぼれるようなスイーツです。パティスリースワロウテイル 恋するモンブラン パティスリースワロウテイル 恋するモンブラン(600円)ガトードボワイヤージュ いちごのミルフィーユ

ガトードボワイヤージュ いちごのミルフィーユ(540円)

いちごの無料サンプリングは千葉、栃木、福島の味を食べ比べ

いちごの無料サンプルが日替わりで提供されるコーナーに、千葉県の「チーバベリー」が新登場。栃木の「とちおとめ」、福島県いわき市の「ふくはる香」と、それぞれの特徴が楽しめます。

さらに、サンプリングコーナーには「チーバくん」や栃木のとちおとめ大使「コリラックマ」、「アグリン☆ファイブさる 1 号」といった各地のキャラクターが登場予定です。チーバベリー

今回から登場したチーバベリーは大粒で甘い果汁が魅力的。

人気の生産者直売イベントで朝採れいちごを

2016年のヨコハマストロベリーフェスティバルで実施され、人気だったのが、生産者直売コーナー。毎日日替わりで横浜市内の農家さんが出張販売し、横浜市内で採れたいちごを新鮮なうちに購入できます。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。