体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イギリス現地情報】ロンドンのスーパーマーケット事情教えます!

【イギリス現地情報】ロンドンのスーパーマーケット事情教えます!

Photo credit: Mari Torochacha「ロンドンの安いスーパーマーケット

こんにちは!Compathy MagazineのMari.kです。
今回はロンドンのスーパー事情について書きたいと思います。旅行で行っても食費は安く抑えたい人や、ワーキングホリデーや留学で長く移住する人のため、今回は数あるスーパーの中でも、安めのドイツ系のスーパーをご紹介します。

ロンドンでも安いとおすすめ!青と黄色の看板が目印のスーパーマーケット「LiDL(リドル)」

私が住んでいる家の側にリドルはあります。チェーン店なので、その他の地域でも良く目にします。「リドルはドイツ系のスーパーですごく安いのでオススメよ」と知人に言われ、本当に安くてびっくり。今では夕方になると毎日立ち寄るお気に入りのスポットです。
ただ安いだけあって品物の良し悪しは自分で判断して購入する必要があるのがポイント。先日人参を購入して3日で柔らかくなってしまい捨てることもあり、特にリドルの野菜選びは慎重に行わ無いとすぐにダメになってしまいそうです。私は1回失敗したので、その後は同じ人参でも1本ごと比較して慎重に購入していますよ。

米にうるさい日本人だから拘りたい!ロンドンのスーパーマーケットでおすすめのライスとは?

Photo credit: Mari Torochacha「ロンドンの安いスーパーマーケット
40P(ペンス)で購入したライスは、鍋で炊いて日本から持ってきたシチューと一緒に頂きました。
美味しかったですが、やはり日本米には勝てません。
ロンドンに来て1週間が経ち様々な国のお米を口にしていますが、1口食べては日本米の事を頭で考えてしまいます(笑)。

日本米が食べれない日々が続くならと思い、小麦粉でも買って麺を一から作るのはどうだろう? などと考えてみたけれど私の腕でそんな高度な事できる訳ないし、どうしようと思った時に、ついに日本米に少し似ているお米に出会いました。
それはイタリア産のお米! 1.29ポンド(1ポンドと29ペンス)と少し高めですが、ジャパンセンターという日本食専門店で販売されている日本米は同量で10ポンドもするので、それに比べると安すぎるくらいです。
ロンドンでお米が食べたくなったらイタリア産のお米に挑戦してみては如何でしょう? もちろんもっと日本米に近いお米もあるかもしれないので、ロンドンのスーパーマーケットを回っておいしいお米探しに挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね。

ロンドンのスーパーマーケットではどの果物が美味しいの?

Photo credit: Mari Torochacha「ロンドンの安いスーパーマーケット
ロンドンに来て10日ほど経ちますが、今の時点で美味しいと思った果物は、蜜柑とライチです。この2つの果物は多くのスーパーマーケットで売られているのを良く目にします。特に蜜柑は冬の時期の果物という事も関係しているのかもしれませんが、どの蜜柑を食べても美味しかったです。
日本だと、酸っぱいものもあるので食べてみないと分かりませんがロンドンの蜜柑は甘い率が高いので試してみてください。またライチも日本だと当たり外れがありますが、ロンドンのライチは甘くて安いといった印象。先日立ち寄った八百屋では、直径30cmのプラスティックのザルに山盛り積まれ1ポンドで販売されているのも見ましたよ。

ロンドンのスーパーマーケットではジュースがおいしい!

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。